『効率』に特化して計算されつくした極秘メソッドと

時間がなくても飽きずに勉強ができる法則に従って

最速で英語脳を手にしてみませんか?

 

ネイティブと同等の英語脳を
『第二言語習得論』に基づいて
戦略的に身につける企画

 

-EBA-

English Brain Academy

 

1日30分しか時間がない人でも、

挫折することのない確立された勉強法によって

楽しくネイティブ並みの英語感覚を身につける

英語脳集大成企画

 

 

 

 

グローバル資本主義を生き抜くための

最新の英語脳教育とは?

 

僕は2020年まで普通の大学生でした。

 

 

「そこそこ難しい」と言われる同志社大学に入り、

周りからも将来は安泰だねと言われ続けていたのですが、

 

それでも僕には
1つだけ拭え切れないコンプレックスがありました。

まわりからは、

 

 

「同志社のくせになんでそんなに英語ができないの?」
「TOEIC400点代はマジでやばい」
「その程度の英会話ができないとか海外旅行すらまともにできないぞ」

「社会に出たら周りに置いていかれそう」

 

 

という反応が返ってき、
なぜ自分だけ英語ができないんだろう。

 

 

TOEICスコアが伸びないんだろう。

と、常に考えていました。

 

 

僕は、高校生の頃から
本気で英語ができるようになりたいと思い始めて以来、
常に英語学習について研究を重ねてきたのですが、

 

どれだけ熱心に英語を勉強しようと
結局身についたのは英語スキルではなくて
単なる英語の知識にすぎなかったのです。

 

 

大学に入ったあとは、

 

・高校レベルの英単語、文法を一気に復習してみた
・留学はしなかったものの、海外旅行を経験してみた
・オンライン英会話を実践してみた
・TOEICの過去問対策を10年以上解いてみた

 

などなど、
あらゆる勉強法を試してみたのですが、
そこから得られたものといえば、

 

TOEIC420点

 

といった悲惨なスコアだけでした…

 

…もしかしたら、

 

「タカツさん、あなたはそれでも同志社大学に合格しているのですよ。
その分の英語スキルは身についているはずなのでは?」

 

と、あなたに怒られるかもしれません。

 

 

もちろん、その通りだと思います。
TOEIC420点とはいえども、同志社大学合格に向けて
ある程度の英語学習はしてきました。

 

 

しかし、英語ができるようにならない事の苦労、
辛さは僕もよく分かっています。

 

 

元々僕は英語が全く得意ではありません。

 

 

高校時代の偏差値は50程度で。
大学センター入試の英語科目の自己採点結果は
200点満点中99点です。

 

 

これらを見てみると、
僕の英語力はかなり低かったことが理解できると思います。

 

 

当時の僕は、
高校の英語教育をそのまま鵜呑みにしていて

 

・英文法
・英単語

・長文読解

 

の3つをメインで勉強していました。

 

 

リスニングに関しては
センター試験しか適用されませんし、
満点をとっても50点だということから
リスニングや発音対策はほとんど眼中になかったです。

 

 

そして当時は地元の塾で
スパルタ教育を受けていたため
途中から精神的に病んでしまいました。

 

 

具体的にどんなスパルタ教育を
受けていたのかというと、

 

・英語は科学や物理のように暗記して覚える
・英文法は数式を用いて導く
・塾で出される小テストは70点以上取らなければシバき
(難易度は早慶上智以上)
・自習中に寝ているところを発見するとシバき
・受験生は最低23時まで塾で勉強しなければいけない

 

他にも例を挙げればキリがないですが、
これは本当にあった話です。

 

 

ちなみに僕はセンター試験3ヶ月前に
この塾が嫌になって
残りの3ヶ月は有料自習室にこもって
勉強することになりました。

 

 

ここから僕は高校1年生の頃に
特別公開授業で出会った東進ハイスクールのI先生の
参考書を熟読し、英語学習に力を入れるのですが、
これも結局実を結びませんでした。

 

 

参考書自体はかなりわかりやすいもので
特に英文法の知識はかなり身についたと思うのですが、

だからと言って、

 

リーディングやリスニング力が
身についたわけではありません。

 

 

だからまずここで言えることは、
英文法を勉強してもリーディングやリスニング力向上には
そこまで直結しないということです。

 

 

あくまで英文法は英文の構造や性質の理解。
リーディングやリスニング力を伸ばすためには
もっと別のアプローチが必要になってきます。

 

 

要するに僕は、
英語塾でスパルタ教育を受けても
信頼していたI先生の方法論を実行しても
英語力はほとんど伸びなかったということです。

 

 

結果的には、
英語の成績は下がることはなかったですが、
ほとんど現状維持の状態で終わってしまいました。

 

 

先ほど、センター試験の結果が200点中
99点だと言いましたが、
実はこの結果は今までの
センター模試を合わせた中では最高得点でした。

 

 

センター模試の英語の成績は
200点中60点あたりが僕の平均でした。

 

 

だから僕自身正直嬉しかった部分もあります。

 

 

そのおかげで僕は
浪人をした後も勉強を継続することができ、
1年後には同志社大学に
入学することができました。

 

 

ですがそれでも英語という科目には
相当なコンプレックスがありました。

 

 

「あれだけ努力したのにこの程度かよ」

 

 

大学に入学してからは
こんな気持ちでいっぱいになりました。

 

 

それも当然のこと。

 

 

僕が受験生の頃には最低でも5時間は
英語を勉強していたのに英語の点数はほとんど伸びず、

その傍らで僕のライバルたちは
どんどん英語の点数を伸ばしていったからです。

 

 

しかもそのライバルが言うには
英語は外国人とオンラインゲームのチャットをする程度で
1日2時間も英語には触れていないとのこと。

 

 

普段の自習でもほとんど
英語の勉強はしていませんでしたし、

 

その割にセンター模試では
常に160点をキープしていたわけですから
こっちからしたら本当に居心地が悪かったです。

 

 

だから僕は大学入学後、
『英語は絶対にマスターする』
と決めていました。

 

 

そこから色々と英語の勉強法について
研究することになるのですが、

 

結局

・英文法
・多聴
・難しい英文をひたすら音読
・英語フレーズ暗記
・シャドウイング

 

ばかりやっていて、
一向に英語力は伸びていきませんでした。

 

 

僕は、

 

「とにかく量をこなせば、
英語はできるようになる!」

 

と信じ、多聴・音読・英文法を主軸に置きながら
約1年は継続しました。

 

 

しかし、さっき言った通り、
大学2回生の頃に受けたTOEIC試験では
420点という結果に終わります。

 

 

この時のショックは今でも忘れられません。

 

 

「こんなに努力してその結果がこれかよ」

 

 

と何度思ったことか。

 

 

受ける前は最低でも
600点は取れると信じていたのに
TOEIC本番では
リスニングの音声がほとんど聞こえず、

 

リーディングも時間が全く足りずに
100問中、70問目をこなしたところで
タイムアップになりました。

 

 

勘で解いた問題もかなりあり、
TOEIC終了後は400点もないんじゃないかと
ヒヤヒヤしましたが、かえってきた結果は420点。

 

 

おそらく勘で解いた問題も含めなければ
確実に400点は切っていたと思います。

 

 

そしてここでようやく

 

「そもそも僕の勉強方法が
間違っているのではいか?」

 

と疑い始めるようになりました。

(今までの勉強法はおそらくなんの意味もなかった…)

遅すぎはしましたが、
大学2回生でようやくこのことに気付き始めたのです。

 

 

しかしここでまだ良かったのは
TOEICの結果に絶望はしたものの、

 

「僕は何やってもダメなんじゃないか?」
「僕には才能がないんじゃないか?」

 

と深く自己否定しなかった点でしょう。

 

 

当時の僕は、

 

「僕の勉強法は間違っていたかもしれない。
だからもっといい勉強法はないか?」

 

とバランスよく自己否定ができたおかげで
そのあと新しい英語学習法に出会うことができ、
実を結ばせることができました。

 

 

確か大学2回生の夏頃だったのですが、
僕はとあるお医者さんのブログを偶然発見したのです。

 

 

最初は少し、
疑いの目で彼のブログを見ていたのですが、
インターネットやyoutube英語教材などで色々比較しても

 

 

『彼のブログは科学的な観点から
合理的に解説されている』

 

 

ということが分かったので

そのブログに1点集中しながら
英語学習を研究することにしました。

 

 

当時彼は有料noteという
オンラインの教材を約5万円で販売してくれていたので
僕はアルバイトなどで貯金したお金を
有料noteにつぎ込むことにしました。

 

 

おそらくこの時、
合計で20万円はつぎ込んだと思いますが、

 

そのおかげで

『英語力が伸びないカラクリ』

というものを見破ることができたのです。

特に

 

 

・初心者にとって英会話スクールや留学は不要

 

 

だということには驚かされましたね。

 

 

本来は英語ができない人ほど
どんどん外国人と接して
生の英語に触れるべきなんじゃないのか?

 

 

そう思いがちですが、
脳科学や言語学の観点から見てみると
いきなり英会話スクールや留学は
ほとんど意味がないのです。

 

 

僕はこのことに初めて気づき、
ここから本格的に英語の逆襲が始まりました。

 

 

まず、
彼が最初に主張していたのは

『音・リズム』
の重要性です。

 

 

彼が言っていたのは

 

・1つ1つのスペルの発音は重要
・発音記号は大事
・発音分からないまま音読をしてはいけない

 

などでした。

 

 

東進のI先生の主張とは
全く逆の考えです。

 

 

そして、
I先生の通りに勉強したにもかかわらず
英語の成績が伸びなかったという理由から
消去法で僕はブログの情報を信じることにしました。

 

 

そのおかげで僕は1年後に
かなりの好成績を収めることができたのです。

 

 

彼の勉強法は最初に
徹底的に音・リズムの勉強をすることになるのですが、
音声学習を徹底的にすることで

 

 

『英語の意味は理解できないけれど
英語を聞いただけで英文が全て頭の中に思い浮かぶ』

 

 

というレベルにまでなりました。

 

 

「意味は理解できないけれど
英文のスペルは聞いただけで手に取るように分かる」

 

 

というのはかなりの一歩だと思いませんか?

 

 

この辺りから僕のリスニング力は徐々にアップしてきます。

 

 

発音学習を始めて3ヶ月後、
TOEICのリスニングセクションに変化が起きました。

 

 

普段はリスニングセクションで
200点も取れていなかった僕ですが、
この勉強法のおかげで355点に跳ね上がりました。
(この時点で合計670点)

 

 

TOEICスコア700点を取っている
ライバルのリスニングスコアを
抜くことができたのですごく嬉しかったです。

 

 

ここから英語学習のモチベーションも
グンとアップしてきます。

 

 

次に発音学習が終了し、
英文法とリーディング学習に入るのですが
彼の特殊な勉強法によって、

英語を日本語に翻訳しないで
理解する能力が身についてきました。

 

 

そしてリーディング学習開始から約5ヶ月で
TOEIC予想問題集のリーディングセクションが
スラスラ理解できるようになってきたのです。

 

 

この頃は、
まだ難しい英単語などは理解できませんでしたが、
文脈判断の力で
圧倒的に速読力が付いた気がしました。

 

 

そして、速読力がついてくるのに比例して
英語のリスニング力も
格段とアップしてきます。

 

 

リスニングは元々聞き取れるレベルまではきていたので、
リーディングによって英語を
そのまま理解する能力を伸ばしたおかげで
リスニング理解力も自動的に身についたわけですね。

 

 

この時点でTOEICのリスニングセクションは
ほぼ満点近くまで
取れるようになっていました。

 

 

残すはリーディングで、
このときはまだ300点台だったのですが、

学習を続けていくにつれて
英語情報処理能力が正確になっていき、

400点代を突破します。

 

 

そして、お医者さんの勉強法で英語学習を初めて
約1年後にTOEICスコア955点を獲得しました。

 

 

これは生まれて初めての
大きな成功体験だった気がします。

 

 

「こんなに挫折してきた僕でも
大人に認められる程度に英語力を身に付けることができたので
他の人にも再現性は絶対にあるはず!」

 

 

そう思って僕は英語に悩んでいる他の人にも
この方法を知ってもらいたいと思い、
書籍などでより深く研究することにしました。

 

 

というのも、
僕が頼りにしていたブログが気づいたら
閉鎖されてしまっていたからです。

 

 

彼はもともとお医者さんで医療系の仕事が本職なので
英語をサポートするのには限りがあり、
2つの仕事を同時にこなすのは精神的にも
厳しいと言っていました。

 

 

だから今ではもうブログやnoteの情報は
世間では出回っていません。

 

 

しかし、今までの僕の体験談や有料note5冊+購入者限定メールサポート、
英会話スクールやオンライン英会話、

 

そしてネットやYoutube、
電子書籍などで深く研究することで
僕自身が完全なメソッドを構築することができました。

 

 

そのメソッドは、
英語知識がない初心者でも挫折しない方法です。

 

 

というか、
英語知識がなければないほどいいと思っています。

 

 

なぜなら、
英語知識に日本語の知識が混ざっていたら
英語学習の妨げになってしまうからです。

 

 

英語を日本語に紐づけて考えてしまうこと自体が
実は非常にまずくて、

 

その分英語学習を全くやってこなかった人は
まだ純粋なので、

 

英語を勉強してこなかった人ほど
効率的に英語を吸収することができます。

 

 

とは言ってもやはり、
「僕だからできたのではないか?」
と思っている人もいるかもしれません。

 

 

もちろんそれも考慮の上で
メソッド化した方法を知り合いにも教えてみました。

 

 

その知り合いはもともと体育会系の人で
大学自体はFランと呼ばれる大学に通っていたのですが、

 

彼自身は海外を旅することに憧れていて
英語学習に興味を持っていたので
僕が丁寧にメソッド化した方法論を
教えることにしました。

 

 

すると、そのおかげで
わずか半年で彼のTOEICのスコアは295点→710点
へと伸ばしていったのです。

 

 

そして、
英語を英語で理解できる思考回路が
彼の中に宿ったため、
最近は一人で海外旅行に行ったりしています。

 

 

この結果から
僕はメソッド化した方法論には信憑性があると確信したので
このノウハウを今回のレポートと
今後のメルマガで深く話していこうと思いました。

 

 

なぜこの形態で発信していこうかと思ったのかというと、
ネットが発達した今、
多くの人に自分の理念を発信することができるからです。

 

 

そして、今の日本の間違った英語教育のせいで、
99%以上の日本人が
無駄な英語学習に時間を費やしています。

 

 

先ほども言いましたが時間は有限だということを
深く再確認してみてください。

僕は、中学から大学2回生までの約8年間の時間を
無駄な英語学習で潰してきました。

 

 

あなたには以前の僕のように
約10年もの無駄な時間を費やしてほしくないのです。

 

 

そしてもしこれを読んでいるあなたが
社会人なのだとしたら、
今すぐ英語学習の舵をこちらに切って頂き、
いち早く正しい努力の方向性を確立して欲しい。

 

 

そのような理由から僕は今回
『英語脳』の企画を紹介しようと思いました。

 

 

もちろん1日24時間しかないですし、
僕一人でサポートしていくことになりますので
人数が一定数達したら、
この企画案内は非公開にするつもりです。

 

 

この企画では特に
『英語を英語のみで考え抜く英語脳の技術』
を中心に書かせて頂いています。

 

 

英語脳の入り口から出口までの全体像を
包み隠さず全て暴露していきます。

 

 

努力の方向性を間違えてしまうと、
その分英語力を身につけるのにも時間がかかってしまいます。

 

 

「木を見て、森を見ず」

 

 

という人がこの世にはたくさん存在します。

 

 

この企画ではまず森から攻めて勉強の全体像を俯瞰し、

最終ゴールを示した後に、
英語脳を向上させる最短プロセスを
あなたにインストールしていただきます。

 

 

次はあなたが僕のように英語を身につけて
楽しい毎日を手に入れる番です。

 

 

 

『英語脳』特化講座始動!

 

 

どうも、タカツです。

 

 

僕は大学生になってから現在に至るまで、
真剣に語学学習というものに
向き合ってきました。

 

 

そのおかげか、
今まで海外経験もそこまでしたことは
なかったのですが、

 

たったの1年で
TOEICスコア900点を突破し、
実際にネイティブと楽しく会話できるレベルまで
実力を引き延ばすことができました。

 

 

しかも、ほとんど独学でです。

 

 

独学という誰もができる手段で、
僕はこの結果を叩き出すことができました。

 

 

普通に考えれば、この結果は異常だと思います。

 

 

ただ、長く語学の世界に浸り、
必死に勉強法を研究したから
これは至極当たり前の結果だと
思えるようになりました。

 

 

それはつまり、誰でも、真剣に取り組んで勉強すれば、
僕と同じか、それ以上の結果を出せるということです。

 

 

語学学習で失敗している人は、
正しい方法に出会っていないか、真剣に取り組んでいないかのどちらかです。

 

 

・・・これからあなたに提案する
英語脳専門のオールインワン講座には、

 

僕がこれまで学んできた知識・戦略・思考

全てを詰め込んでいます。

 

 

正直、この講座を手に取って真剣に取り組めば、
成功しないわけがありません。

 

 

それくらい自信満々の、本気の講座です。

 

 

満を持してオファーしますので、
もし本気で英語習得を目指すのであれば
この提案を真剣に検討してみてください。

 

 

僕は8年間の人生を無駄にした過去があります。

 

 

僕の英語学習の始まりは、
中学1年生の時でした。

 

 

小学校の頃は
ほとんど勉強をして来なかったので、
小学校から必修だった算数や国語は
今から頑張ってもライバルには追いつかないと思い、

 

中学から必修科目に加わる英語なら、
まだライバルと同じスタートラインだから
勝てるんじゃないかと思ったのです。

 

 

しかし、どれだけ英語を頑張っても
なかなか実力は伸びず、
中学の成績は5段階中、オール3でした。

 

 

オール3だったので
この頃はまだ平均的なほうだったのですが、
高校進学と同時に僕の英語力は
どんどん低下し始めて行きました。

 

 

どれだけ英単語を学んでも、
どれだけ英文法を勉強しても、
英語の偏差値は40から一向に伸びないのです。

 

 

さぼっているわけではない。
努力していないわけでもない。

 

 

自分の出来る範囲で最大限のことはしている・・・

 

 

なのに、結果が全く出ない。

 

 

時間だけが過ぎ、寿命だけがどんどん削られる。

 

 

こんな状態が大学2回生まで続きました。

 

 

「何年英語をやっているんだ?」
「今までの努力は無駄だったのか?」

 

 

と、毎日思い始め、
遺伝が原因なのかと親を恨んだこともあります。

 

 

英語はもう諦めようかな・・・
でも諦めたら今までの時間はなんだったんだ・・・

 

 

こんなことを考えながら
ずっと頭をもたげていました。

 

 

気づけば英語学習自体を放棄し、
メイプルストーリーをずっとやっていました。

 

 

休みの日は朝から晩までひたすらゲーム。

おかげで強くなって、
ゲーム内で僕のことを認めてくれる仲間ができて、
それだけが心の支えだった気がします。

 

 

メイプルストーリーにも飽きて、
現実世界に戻ってきた途端、

 

「俺、何やってんだろ・・・」

 

こんな脱力感が一気に
身体全体にのしかかってきました。

 

 

「英語ができるようになって、
世界中を飛び回るかっこいい人間に
なるんじゃなかったのか?」

 

「このまま適当に生活していたら
社会からも見捨てられるぞ・・・」

 

大学2回生の夏、

初めて人生に対する危機感を覚えたのです。

 

 

『海外でしか味わえない体験』

 

 

日本では絶対に経験できない刺激を
手に入れるため、
僕は英語を学んでいました。

 

 

その情熱が消えかかっていたことを再確認し、
「もう一度頑張ろう」
と新しい勉強法を探すようになったのです。

 

 

その後、書店やネットなどで
様々な英語学習を調べ、試していきました。

 

 

・1週間で1万語覚えることができる英単語暗記法

 

・英文の文脈を駆使した、文脈ベースの読解術

 

・TOEICの長文問題が

 一瞬で答えの該当箇所がわかる手法

 

・頑張って30回音読するだけで、

 英会話力が日常生活以上まで向上する方法

 

・聞き流すだけで英語がスラスラ聞き取れる

 『ながらリスニング』

…etc

 

 

しかし、どれも効果が出ず、
TOEICの成績はたったの420点止まり

 

 

「やっぱり、巷で溢れているテクニックや勉強法じゃ、
英語はできるようにならないんじゃないか?」

 

 

そう思った僕は、
全く別の角度から勉強法を
探すことにしました。

 

 

新しい勉強法を探すきっかけとなったのが、
『お医者さんの英語ブログ』
との出会いです。

 

 

僕は、このブログを発見し、
初めて『第二言語習得論』という概念を
知りました。

 

 

『第二言語習得論』とは、
母国語以外の言語を習得する時に
必要となってくる科学的な勉強理論のことです。

 

 

第二言語を習得した人が
脳科学的にどういうプロセスで
言語を習得したのかが
詳細に記載されています。

 

 

僕はこの、『第二言語習得論』を
お医者さんから学ぶことにしました。

 

 

5万円の有料コンテンツを
5つ以上購入したり、

 

お医者さんの極秘セミナーに
参加したこともあります。

 

 

僕はそのセミナーやコンテンツから
お医者さんが考えている思考法を
そっくりそのまま
インストールすることができ、

 

お医者さんのいう通りに
英語を勉強していきました。

 

 

その結果、英語を勉強していくうちに、
TOEICスコアはうなぎのぼりに
上がっていったのです。

 

 

気がつけば、
たった3ヶ月でTOEICスコアは
200点以上アップしていました。

 

 

しかも、なんの対策もせずに。

 

 

もともと英語で
コミュニケーションをとることが優先だったので、
TOEICはそこまで気にしていなかったのですが、
それでもこのスコアの伸び具合は以上でした。

 

 

周りの人にドン引きされるスピードで
英語スキルが加速する

そこから僕は、英語の楽しさを感じ、
英語の勉強ペースはさらにアップしていきます。

 

 

・今まで聞き取れなかった英語がはっきりと聞き取れる
・返り読みせずに英文がスラスラ読めるようになる
・突然英語で話しかけられてもパッと英語で返せる

 

 

まさに正のスパイラル。

 

 

気づけばTOEICスコアは
955点にまで登りつめていました。

 

 

今まで苦戦していたことが
サクッとできるようになっていたので
時間が経つスピードが以上に早かったです。

 

 

そこから僕は、
日本の英語の不出来さを
なんとかしたいと思い、

 

今まで学んできた勉強法を分析し、
さらに磨きをかけたノウハウを
構築していきました。

 

 

そして新しくできたノウハウを使って、
マンツーマン指導やオンライン指導を行い、
僕の生徒に実践させてみたところ、
やっぱり彼らも英語上達が早かったのです。

 

 

以下、最近僕が指導した人から
メールで送られてきた感想です。

 

 

「何が自然な英語なのか分かるようになりました」

奥田様(兵庫県、男性)

 

私はこの英語勉強法で英語力が大きく上がった一人です。(多分、同じような人は何人もいらっしゃることでしょう)

 

私にとって一番大きかった効果(?)は、まず英語という新しい言葉を学習するという事が、自分がそれまで思っていた事とは全然違う、180度違うということがしっかりと認識できたことです。

 

もっと具体的な効果を書いて欲しいとタカツさんは思ってらっしゃるかもしれませんが(笑)この事を認識できたことで私の英語の勉強に対する姿勢が全く変わり、今までの何倍も効率よく英語を学習する事ができるようになったと思います。

 

タカツさんお待ちかねの(?)具体的な効果としては、私は何らかの試験の点数とかそういうのは受けていないのでわかりませんが、この勉強法を開始してしばらくしてから、数か月後くらいでしょうか、久しぶりに会ったネイティブの知人が「自然な英語を、淀みなく話すようになったね!」と言ってくれて非常に嬉しかったです。昔とは全然違い、自分でも何が自然な英語なのかわかって話せるようになっています。

 

「TOEICが半年で150点以上あがりました!」

河野様(九州在住、女性) 

 

「English Hacks」以前購入させて頂きました、河野〇〇と申します。覚えてくださってますでしょうか?

 

その節は丁寧に質問にも答えて頂き、ありがとうございました。
今日は嬉しい報告があるのでメールさせて頂きました。あと、他に少しアドバイス頂きたい事もあるので、時間のあるときにでもよろしければお返事お願い致します。

 

嬉しい報告というのは、実は、TOEICで155点増えたんです(780点になりました)!
以前TOEICを受けたのは去年の秋でしたから、約半年でこれだけ上がったことになります。全てはこの勉強法のおかげであると、感謝しております。

 

(頂いたメールの一部を省略しています)

 

 「英語教材としての効果はBEST!」

樋田様(山梨県在住 男性)

 

私は、今まで多くの英語学習者と同じく、それこそ数え切れないくらいの学習教材を購入してきました。

 

書店で販売をしている教材から、通信教育、インターネットで限定販売しているCDやCD-ROM、そして最近は、English Hacksに手を広げ、English Hacksは、これで4つ目となります。

 

しかし、「English Hacks」は、今まで購入してきた数多くの教材の中で、学習教材としての効果はBESTと言えます。

 

現在、この本のメソッドに従って勉強していますが、リスニングがかなり伸びてきており、何回も本を読み直しながらこの調子で頑張りたいと思います。これからの教材開発にも期待しています。有難うございました。

 

(頂いたメールの一部を省略しています)

 

「英語ができる人」となりました。 

山崎様(東京都、37歳) 

 

彼の英語勉強法と出会ったのは、1年前でした。

 

海外で働きたい・・・でも英語ができない・・・そんなジレンマがあり、英語を本格的になんとかしたいと思っていた頃でした。
実は、すでに会社を辞めていたので、後に引けない状況だったのです。

 

彼の英語勉強法を手にしたときは、正直ガツンと頭を殴られた気持ちでした。確かに、理に適っている・・・なぜこれに今まで気づかなかったのか・・・そのような気持ちだったのを覚えています。

 

彼の英語勉強法で1日1、2時間の勉強を続けること半年。なんとなく力はついているなとお思っていたものの、特にその間英会話学校に行くこともなく、ネイティブと話すこともなかったので、自分の英語力を試そうと思い立ってバンクーバーに1か月の短期留学に行ってみたのです(この頃には留学しても大丈夫だろうとタカツさんにアドバイスを受けたので)。

 

すると、なんと!ネイティブの先生が言っていることがわかるだけでなく、「君は英語ができるから」と、いきなり上級クラスに入れられてしまいました。

 

我ながら未だに驚いています。実はロサンゼルスの会社への入社も決まりました。今は、ビザの発行を待つばかりです!

 

 

どうでしょうか?

 

 

頭に刺激が走ったのではないでしょうか?

 

 

僕自身も多くの人が成果を上げられていることに
すごく驚きました。

 

 

しかし、
マンツーマンの指導にも限界があります。

 

 

・・・だから今回僕は、
知識0からでも英語脳を構築できるオールインワン講座
を始めようと思いました。

 

 

そもそも、なんで皆こんなに

成果が出るの?

 

 

成果の出ない教材や勉強法で
あふれている日本では、
このように思う人がかなり多いです。

 

 

あなたはこれに対する答えを
もう分かっていますよね?

 

 

僕の英語勉強法には、
言語学の第二言語習得論などを踏まえて、
論理的に科学的に作られているからです。

 

 

だから、
世界標準のこの英語勉強法で勉強すると、
世界の英語学習者にとっては当たり前の、
以下のようなことが可能になります。

 

 

・英語で映画を見て、字幕なしでそのまま楽しめるようになります(世界の人は普通にやってます)

 

・世界で起こっている事を、英語だけでフォローする事が出来るようになります(これも、世界の人は普通にやってます)

 

・無駄なお金を英会話学校や教材にかけなくて済み、害悪の影響を受けなくて済みます

 

・当然ですが、努力に応じて、英語の実力が上がります(努力したのに正解が出ない、というのは論理的にやり方が間違っているからです)

 

・ネイティブの言っている事が、言葉としてそのまま理解できるようになります(言葉を習得するのですから、当たり前と言えば当たり前ですが)

 

・日本語と同じように、自然な英文だけを使うようになり、不自然な英文はすぐにわかるようになります

 

・僕はこの方法しかやっていないので、1日12時間以上他の事をしなくてはならなくても、僕の英語力程度になるでしょう

 

 

早く始めれば、始めるほど、
このような効果も当然早く現れますが、

長い間勉強していると、僕の言っていることに

経験上気付く可能性もあると思います。

 

 

しかし、残念なことに
勉強法・戦略を知っただけを知ってても、
まだまだ我流の勉強に

なってしまっている人が多いです。

 

 

もし最短最速で結果を出したければ、
あなた自身の勉強法、戦略だけじゃなく、

 

 

『成功者たちの共通した勉強法則』

 

 

をいろんな角度から学び、

客観的な手順で

勉強していかなければいけません。

 

 

これこそが、
最短で英語のレベルをアップさせる
『近道』となるのです。

 

英語の勉強は

論理的・科学的に考えよ!

 

スポーツなどもそうですが、
根性論でひたすらやってできるようになるわけでは
ありませんよね?

 

 

例えば、サッカーで世界的に活躍して

引退した中田選手。

 

 

彼は、高校時代から、どんな練習も、

「なぜこの練習をしないといけないのか?」

を徹底して考え、

 

 

意味の分からない練習は

「なぜ、これをやるのか」

という事を監督に聞いて

納得しないと気が済まなかったそうです。

 

 

英語も全く同じでした。

 

ただ闇雲にやるのではなくて、

何が科学的で、合理的な勉強法なのか

考えてやらないと上達するはずがない!

 

 

僕はそう確信しました。

 

 

それと同時に、

 

 

『僕はTOEICで目標のスコアを達成した・・・。 

 英語力も海外でも通用するレベルまで

 十分についたし、これからはあなたの英語学習を

 僕がサポートするべきでは無いか?』

 

 

と、このような気持ちを強く抱きました。

 

 

僕と同じように英語学習で

悩んでいる人はたくさんいる。

 

 

そしてあなたが

 

 

『あなたより頭のいいライバルをごぼう抜きにし

本気で英語スキルを掴み取るのを見たい….』

 

 

その思いで

僕はあなたにこの英語ノウハウを

公開することに決めたのです。

 

 

ここで、僕があなたにお伝えしたい

明確なメッセージは

 

 

あなたが英語上達の為に

今すぐすべき事は

科学的、合理的な方法論で勉強する

 

 

という事。

 

 

ここまで納得していただけましたか?

 

 

しかし、

 

 

「それはわかったけど、

具体的にどうすればいいの?」

 

 

と思っているかもしれません。

 

 

そこで、あなたが科学的に勉強するために

必要なことをここに書いてみます。

 

 

では、いきますね。

 

 

言語学の第二言語習得論を研究する

 

脳科学と言語習得の関係を調べる

 
英語と日本語の音の違いを

 音声学でしっかり知る

 

言葉の定義をきちんと知る

(言語学、哲学など)

 

そこから効率的な勉強方針を知る

 

もちろん、「害悪勉強法」は排除する

 

それらをまとめて応用し、メソッド化する

 

それに従い、勉強する

 

 

「は?大変過ぎじゃね??」

 

 

はい。正直大変です。

 

 

でも、上記のポイントがおさえられていたら、

当然英語力が伸びて行くのはわかりますよね。

(というか、それらのポイントがおさえられていない

英語勉強法で英語力が伸びるでしょうか?)

 

 

何も、自分で全部やる必要はありません。

 

 

上記ポイントをちゃんと踏まえている英語勉強法、

教材で勉強すれば大丈夫なわけです。

 

 

そこで、是非今すぐ、

そういう英語勉強法や教材を探して下さい。

 

 

大げさでもなんでもなく、

あなたの英語力の今後がかかっています。

 

 

このサイトを今閉じても構わないので、

英語教材、英語サイト、英語本。

 

 

なんでもいいので上記のポイントを

踏まえたようなものを探して下さい。

 

 

そしてそれに従って、

勉強したら大丈夫ですね。

 

 

「このサイト閉じていいの?」

 

 

構いません。

 

 

だって、あなたが英語を勉強するのに

何が必要なのかはもう言いましたから。

 

 

「じゃあ、ちょっと探して来ます!

とりあえずこのサイトも開いておきます!」

 

 

あ、それはどうも。

 

 

じゃあ、探してきてください!

 

 

「そんな勉強法どこにもなくね?」

 

 

・・・そうなんです。

 

 

残念ながら日本の英語教材や

巷の英語勉強法は

上記のポイントが踏まえられたものが

全くと言って良いほどありません。

 

 

だから、僕は、夏休みを全部潰して、

英語勉強法を考えないといけませんでした。

 

 

「いや、そんな時間ないよ。忙しい!」

 

 

そうですよね・・・普通そうだと思います。

 

 

忙しいとかなんだかんだ言って、

英語勉強法を考えるのに夏休みを

全部使う事ができた僕は

ラッキーだったのでしょう。

 

 

科学的な方法で効率よく勉強したい。

 

 

でも、勉強法について考えている時間はない。

 

 

だから、巷にある耳触りのいい

英語本や教材に手が伸びてしまう・・・。

 

 

それらは間違い、害悪だらけ・・・

 

 

残念ながら、今の日本では、

そうなってしまうのが必然かも知れません。

 

 

これではダメだ。

僕は数年前にそう考えました。

 

 

そこで僕が、

僕の研究結果とメソッドを全てまとめて

あなたに知ってもらえるようにしたのです。

 

 

僕がせっかく、まとめた英語勉強法です。

 

 

僕だけが独占していても仕方ありません。

 

 

よって、全てを公開する決意をし、

実際に公開することにしました。

 

 

僕の英語勉強法メソッドは、

上記のポイントの全てを満たすように

作られています。

 

上記のポイントは、僕だけの環境にあてはめて

考えられたものではありません。

 

 

だから、僕だけでなく、

あなたにも効果がある勉強法なのです。

 

 

これで、あなたはもう、

英語勉強法について研究する必要はなくなり、

基本的にはさっき述べたポイントの最後の

 

 

「それに従い勉強する」

 

 

という部分をしっかりしてもらえれば

良い事になります。

(しかし理論もしっかり知っておいて欲しいです)

 

 

最速で英語ができるようになる
勝ちルート

 

僕は普段、メルマガなどでは、
英語ができるようになる勝ちへの道を示しています。

 

 

P(発音)

L(英語脳)

C(英会話)

 

 

この手順で勉強すれば
英語ができるようになると。

 

 

しかし、これまでの話は、
結構抽象的な話が多かったと思います。

 

 

具体的な話を書くと

メルマガの量が半端なく増えてしまうので

なかなか書くことができませんでした。

 

 

そして何より、
僕の体験談に依存した
勉強法になってしまいました。

 

 

そこで今回は、

 

様々な語学の成功者や、
大学教授などのアドバイスから
科学的に仕組み立てて構築した講座を用意しました。

 

 

・忙しい人でも
・楽しく
・確実に

 

この3つのコンセプトを重視して、
初心者の目線で作り上げました。

 

 

今回主に話していることは、

 

英語を英語で考える技術を

挫折せずスムーズに身につけていく

ショートカットの手順です。

 

 

僕が今まで
仕入れてきた勉強ノウハウと思考法を
一般人にもできるように深掘りしていきます。

 

 

動画の手順通り、
誰にでも実現可能なノウハウを
そっくりそのまま学んでいただければ、

 

最短であなたの英語力を
アップさせることは間違いないでしょう。

 

 

成功者達が切り開いた
学習の仕組みを分析し、

模倣することで結果が出るスピードも
全然変わってきます。

 

 

僕は成功している人のやり方を全部真似して、

勉強法の細部まで模倣したことで
英語力を伸ばすことができました。

 

 

さらに今回の企画では、
僕の成功ノウハウと

他人の成功ノウハウを組み合わせて、

 

誰でも楽しく最短ルートで
結果が出るような仕組み

 

構築しています。

 

 

なので、この企画で先人が築き上げてきた
成功法則を遠慮なく真似してみてください。

 

うねうねした英語習得の道を
この企画で一気に
ショートカットしていきましょう。

 

 

忙しい人でも確実に成果が出る
3つの成功法則とは?

 

 

僕が前回紹介した
English Hacksという企画では、
主に『発音』について紹介しました。

 

 

それに対して今回の企画では、
『第二言語習得理論に基づいた英語脳攻略法』
をメインストリートに持ってきています。

 

 

第二言語習得理論で
述べられていることを具体的に挙げると、、

 

・行動学者の説
・発達心理学者の説
・言語学者の説

 

などがあり、
これらの共通点と相違点に基づいて、
科学的な学習法を構築しております。

 

 

僕はこの理論のもと英語学習をし、
見事成果を出すことに成功しました。

 

 

ところが最近の研究では、

 

「第二言語習得理論だけに着目していると、
最短最速で英語スキルを
上達させることができない。」

 

 

と主張している学者さんも出てきました。

 

 

なぜか?

 

 

その理由は、
第二言語習得理論について考察すること自体が
まだまだ近視野的な発想だったからです。

 

 

つまり、

もし最短で成果を出したいのであれば、
第二言語習得理論のみに
囚われていてはいけないということも分かってきたわけです。

 

 

もちろんベースは

『第二言語習得論』ですよ。

 

 

僕は第二言語習得論を武器にして

英語脳を上達させることができました。

 

 

しかし、もっともっと全体像を俯瞰すれば、
よりゴールまでの最短ルートを

見定めることもできるということが分かってきたのです。

 

 

今回の企画は

『第二言語習得理論』をベースにしていますが、

そこからさらに語学という科目を俯瞰し、
研究に研究を重ねて考案された勉強法を用意しています。

 

 

このような試行錯誤から、

あなたの英語脳を最短でアップさせるためには
大きく3種類の成功法則
知る必要があると分かりました。

 

 

語学最短習得への法則①

『演繹学習』と『帰納学習』

のバランスを考える。

 

まず1つ目の法則は、

 

『演繹法』と『帰納法』

 

のバランスを
正確に把握することです。

 

 

語学でいう
『演繹法』と『帰納法』というのは、
要するに、

 

 

演繹法 → 一般的事実に従って勉強する

 

帰納法 → 様々な事例から体験的に勉強する

 

 

というもので、
全ての語学学習はこの2種類に
分類することができます。

 

 

具体的には、

 

・英文法
・英単語
・発音練習
・フォニックスのルールを知る・・・

 

などは語学の一般論から理解しているので
演繹学習に該当します。

 

 

それに対して、

 

・リーディング
・リスニング
・英会話
・DVD視聴

 

などは他者のストーリーや
体験から学んでいるので
帰納学習に該当します。

 

 

実は、
この演繹学習と帰納学習のどちらかに
偏って勉強してしまっている人は、

 

残念ながら英語力が
伸びにくい傾向にあるのです。

 

 

では、演繹学習と帰納学習は
具体的にどれくらいの比率で
どう勉強していけば良いのでしょうか?

 

 

今回の企画では
演繹法と帰納法の違いと向き合い方、
具体的な学習手順について解説しております。

 

 

語学最短習得への法則②

語学は『感情』で記憶する

 

語学、特に英語というのは、
ひたすら英文法の問題集を解き、

 

ひたすら単語帳で

英単語を覚えていくというのも
1つの手なのですが、

 

もっと手っ取り早く
記憶する方法があります。

 

 

それは、
『感情』を利用する
ということです。

 

 

人間は、社会的な動物であり、
『感情』を持っています。

 

 

・嬉しさ
・楽しさ
・悲しさ
・寂しさ
・辛さ
・怒り

 

 

などなど、
誰しも様々な気持ちを抱えながら
生きているはずです。

 

 

実は、人間はこの感情の起伏から
深く記憶に結びついてく性質があります。

 

 

もしあなたが語学を最短で
習得したいのであれば、

この記憶法を利用しない手はありません。

 

 

感情を利用した究極の

『エピソード記憶』勉強法とは?

 

 

脳科学の世界では、
無意味な情報の羅列よりも、
意味のある感情を伴った物語の方が
記憶しやすいという事象があります。

 

 

そう言った記憶のメカニズムを
『エピソード記憶』
と呼びます。

 

 

例えば、
昔のドラマの登場人物は覚えていないけど、
話の筋はなんとなく覚えている。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

人間の脳とは、興味ある感情を伴った
コンテンツに対して、

驚くべき記憶を有しています。

 

 

英単語などの無意味な情報の羅列は
すぐに忘れ去られるのですが、

 

より情報が複雑であるはずの
映画やドラマ、アニメのストーリなどの筋は
よく覚えることができるのです。

 

 

人の脳とは、原始的な欲求によって
その覚える情報の種を選別しています。

 

 

原始的な欲求とは、
声明を存続させるという、
生物学的な欲求が厳密に関連してきます。

 

 

つまり、
生きるために必要な情報かどうか、
という判断で、

 

脳はその記憶を残すべきか
判断しているのです。

 

 

映画などを見ると、
主人公に感情移入をして
魅入ってしまうことが良くあります。

 

 

手に汗を握る展開。
ヒロインとのラブストーリー。

 

 

この物語に感情移入する行為を
『擬似体験』
と言います。

 

 

すなわち脳が、
映画の主人公のような経験を
自ら体験しているような錯覚に陥るのです。

 

 

人が面白いと興味を持つのは、

このような擬似体験により得られる情報が

生き抜くために

必要な情報だと選別するからです。

 

 

今回の講座では、
この『エピソード記憶』にのっとった勉強法を
手取り足取り教えていきます。

 

 

もちろん講座の中では
「Netflixで映画を見ろよ!」なんて
甘っちょろい話はしていません。

 

 

エピソード記憶によるメカニズムは、
まだまだ奥が深いです。

 

 

エピソード記憶を
使いこなすことができれば、

 

会話中に散りばめられた英単語どころか、

ストーリーのセリフごと
サクサクっと覚えられるようになるでしょう。

 

 

そして、何よりリスニングと英語脳が
同時進行で身についていくので、

 

自動的に
どんどん英語力が身についていきます。

 

 

これが、
あなたの語学学習を楽しいものにしてくれる
唯一無二の魔法なのです。

 

 

語学最短習得への法則③

音像と記憶の関係を理解する

 

人間の体には、

五感というのがあります。

 

 

脳が情報を得るためのInput器官です。

 

 

俗に、
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚

という情報種を、
脳が記憶していくところですね。

 

 

「あの時に食ったラーメンがうまかった」
とか
「あの時に味わった痛みは強烈だった」

 

 

というのは、エピソード記憶と共に
蓄積されていきます。

 

 

しかし脳が蓄積する情報種は、
五感によって、情報量の差があります。

 

 

野生動物などは
嗅覚や聴覚に頼ることは多いですが、

 

人間は、外界からの情報量の9割は
視覚から得ていることが多いです。

 

 

視覚から得られる情報量は非常に多く、
多いがために、

 

記憶される情報量の選別は
シビアになっていきます。

 

 

例えば、テリトリーから外れた
水場の場所を発見としたとしましょう。

 

 

・周囲はどのような景色か?
・目印になる木々の大きさは?
・葉の形は?
・色は?
・周囲に足跡はないか?

 

 

それらは、全て生存競争に
生き残るための必要な情報です。

 

 

脳は必死にそれらの情報を
記憶しようと努めます。

 

 

その視界に入った背後の風景などは
ノイズとして処理され、
脳からは消去される形になります。

 

 

それほど目から入る情報量というのは、

圧倒的に多いのです。

 

 

では、IEAで紹介する、
視覚情報の役割を考えてみましょう。

 

 

「Apple」という単語を、
ノート上で必死に覚えるとしましょう。

 

 

この5文字の5バイトの情報量を得るために、
視覚から得られる他の情報はあるでしょうか?

 

 

・フォントは何を利用しているか?
・フォントの色は?
・サイズは?
・明朝?
・ゴシック?

 

 

どれもこれも、
英単語を覚えるにはまったく関連性のない
不必要な情報です。

 

 

こういった関連性のない情報は、
脳は認識すらしません。

 

 

言ってみれば、
刺激のない経験(学習)とも言えます。

 

 

かたや、

音を中心とした学習はどうでしょうか?

 

 

言葉とは、もともと声を使った

コミュニケーション手段です。

 

それに対して文字とは、
通信手段が確立されていなかった時代に、

 

遠隔地へ情報を伝えるために
便宜上に開発された手段です。

 

 

つまり、

 

言葉の本質はやはり
『音』にあります。

 

 

先ほどの

「Apple」という5バイトの情報を、
次は「音」で学習してみましょう。

 

 

発音記号で言えば、「ˈæpl」です。

 

 

まず、「æ」。

 

 

日本語の「ア」ではなく、

あえてカタカナで発音するなら

「エア」っぽい発音となります。

 

 

「p」は、破裂音。

 

唇を閉じて、プッと発音します。

 

 

「l」は、歯の裏に舌をつける発音ですが、
単語の末尾のL故、
俗に言う「ダークL」の発音。

 

 

それだけの情報が、
わずか1秒も満たない単語発音の中に、
濃縮されています。

 

 

英単語を覚えるのは、
目から頼ってはいけません。

 

 

音から覚えるべきです。

 

 

単語学習を行う中で
同時に習得して頂きたいスキルは、
『英語の発音』です。

 

 

現代の英語学習カリキュラムで、
一番大切な学習領域であるにも関わらず、
これほど蔑ろにされている分野はありません。

 

 

英語は、

 

「発音」に始まり「発音」に終わる

 

と言っても過言ではありません。

 

 

「は?発音記号?

 そんなの中学で勉強したよ」

 

 

発音の学習は非常に単調で、
学習者にとっては、
とてもつまらない分野です。

 

 

それ故、敬遠され、
反復学習すら推奨されないのが、
今日の英語学習体系です。

 

 

僕は、
この発音学習が軽視されている状況に
非常に不満を感じています。

 

 

僕は、このIEAの企画作成を通して、
英単語の反復学習の際に、
英単語の発音に対する奥深さを痛感いたしました。

 

 

この発音に関する学習法をお伝えするには、
このサイトをもう1つ立ち上げるぐらいの
情報量があります。

 

 

それぐらいの情報量を
今回の企画で伝授していきます。

 

 

少なくとも、
英単語を学習すると志すのであれば、

 

 

「意味がわかる」「書ける」

という以外に、

 

「正しく発音できる」

「聞き取れる」

 

 

というステージを目指してください。

 

 

以上語学習得で絶対に知っておくべき
3つの成功法則を紹介しました。

 

 

全てを変える力が、英語にはある。

 

第二言語習得論にさらに

この3つの法則性を意識しながら
勉強していくと、
当然ですが英語力は抜群に伸びていきます。

 

 

How are you?

 

 

ぐらいの簡単な言葉でしか話せなかった僕は、
社会人になった後の、
広大な英語圏の生活を大いに満喫していました。

 

 

国内を旅行するかのように、
気軽にフィリピンに行ったり
アメリカに行ったり、
ヨーロッパを周回することもできます。

 

 

国内にいるときでも
海外ドラマや映画を字幕なしで見ながら
英語圏の文化を擬似体験できるし、

 

今ではマッチングアプリやペンパル、
メッセンジャーなどを使って
気軽に外国人の友達を作ることができます。

 

 

遊びの予定も、日本国内にとどまらず、
誘われたら世界中どこにでもいくことができます。

 

 

世界中に友達ができるようになりますし、
大好きな人と
たくさん海外旅行をすることだってできるのです。

 

 

恋人の前で
ペラペラ英語が話せるようになれたら
カッコいいですね。

 

 

英語ができるようになるだけで
あなたの目の前の世界はもっともっと広がります。

 

 

単純な話ですが、英語ができるようになれば
ビジネスや人間関係とかも
かなり良好になっていきます。

 

 

例えば英語が使えると
必然的にコミュニケーションできる対象が
広がるので、

 

今までよりも友人がどんどん増えていきます。

 

 

ビジネスに対しても
英語ができる証明があれば、
その分良い人材だと思われて
給料もどんどん右肩上がりに伸びていきます。

 

 

今の生活にモヤモヤを感じている人は、
英語を学んで

あなた自身の価値をアップさせれば良いと、
素直にそう思います。

 

 

僕自身、ブラックな飲食店で
アルバイトをしていましたが、

 

英語を習得してきたおかげで、
今では超ホワイトの優良企業で働けているし、

 

最近は景気が悪い中でも
どんどん給料が上がってきています。

 

 

外国人と広く良好な
人間関係も築くことができましたし、
楽しく世界中の旅を満喫することもできました・・・。

 

 

英語力を手に入れた先の僕の願い

 

 

ただ、海外を旅して15カ国ぐらいになった頃、
人生を揺るがす重要なことに気付いてしまいます。

 

 

それが、

 

「僕だけ英語ができるようになっても、
 何か物寂しい」

 

ということです。

 

 

海外に行って様々な人種と
コミュニケーションを交わすと、
いろんな発見があったり
勉強になることがたくさんあります。

 

 

でも、
僕だけこんな体験を楽しんでいると、
なんだか少し寂しくなったりするのです。

 

 

僕自身も日本人なわけで、
もっと人種の近い人たちと

一緒に英語圏の文化を楽しみたい気持ちがあります。

 

 

それこそ、
様々な人種が集うパーティーとか
英語ができないと参入できない場所とか

 

日本人どうしで一緒に
そういった世界に行ってみたいのです。

 

 

海外でしか味わえない体験を
あなたと一緒に共有したいと考えています。

 

 

英語を極めた先には
楽しい生活が待っています。

 

 

毎日テレビのアナウンスを
英語で視聴することができますし、

 

疲れた時には
海外でのんびり過ごすことも簡単でしょう。

 

 

ただ、僕は、
せっかく英語ができるようになれたのであれば、

 

 

あなたと一緒に海外を楽しんだり
英語だけで楽しく会話ができるような
仲になれたらいいなと思っています。

 

 

そして、思いっきり人生を楽しんで
情熱に生きていってください。

 

 

当たり前ですが、人生は短く、
テンションが上がらないことに
時間を使っている場合ではありません。

 

 

とにかく自分の気持ちに素直になって
楽しく英語を勉強し、
好きな時に世界中を飛び回ってられる
心の広い人間になってください。

 

 

それが本当にかっこいい
人間だと心の底から思います。

 

 

無謀な挑戦と勇敢な挑戦

 

 

さて、ここまで読んでどうでしたか?
・・・何も知らずに勉強していたとしたら、

恐ろしいと思いませんか?

 

 

いつ成果が出るか分からない、

本質を無視してやっている、
大切な勉強法を取りこぼしている・・・。

 

 

そういうのを、無謀な挑戦と言います。
無謀な朝鮮とは、

無知のまま無計画に進むことです。

 

 

例えるなら、

 

半袖半ズボンでエベレスト登頂を目指すようなもの、
練習をせずにプロボクサーに挑むようなもの、
一切の勉強も訓練もせずに車に乗るようなものです。

 

 

間違いなく死にます。現実の世界は容赦がないのです。

 

 

そこまでひどくなくても、

何も知らずに無計画に進めば、

貴重な時間と多大な労力、

そして大量のお金を

無駄にしてしまうのは目に見えています。

 

 

それに対して、勇敢な挑戦というのは、
知識をもとに戦略を立てて真っ直ぐ進むこと

を言います。

 

 

徹底的に本質を意識し、
貴重なスキルを身につけながら
着実に勉強をしていく…

 

 

勇敢な挑戦とは、出すべくして最短最速で
結果を出すことを言いいます。

 

 

効率よく進めるからコスパも良く、
時間もフルに節約できるでしょう。

 

 

英語を勉強するなら、
必ず勇敢な挑戦をしてください。

 

 

そうすれば、膨大な時間を浪費することなく、
あなたの思い描く成功まで
待ったなしで進むことができます。

 

 

確実に望んだだけの大きな成果を
残すことができるでしょう。

 

 

食べかけの夢を形にする

 

 

誰しもが「食べかけの夢」を持っているはずです。

 

 

心の中に強く思い描いていたものの、
途中で『時間』が足りなくて叶わないでいる夢です。

 

 

英語を勉強する時間がないから
英語はもう無理

 

そう思っている人こそ
この企画に参加してみてください。

 

 

IEAを利用して
学習で行き詰ることを回避し、
英語力の高みを目指していきましょう。

 

 

英語ができるようになった暁には、
圧倒的な人生の選択肢が生まれます。

 

 

あなたが本当にやりたかった
食べかけの夢を
全て叶える事が出来るのです。

 

 

僕は世界一周の旅にも行きたいし、
東南アジアで起業して
ASEAN経済圏を活性化させたいし、
世界的な投資家にもなってみたいです。

 

 

せっかく人間に生まれたんだから、
たった一度きりの人生を最高に充実した、
思い出だらけなもの
にしていきたいですね。

 

 

英語学習を通して、
その目標は必ず叶うと信じています。

 

 

そして、これから提案する講座を通して、
少しでも多くの人が真剣に英語に向き合い、
多くの選択肢を手にして
夢を形にしていただければとても嬉しいです。

 

 

無地に英語ができるようになったら
あなたのサクセスストーリーを
是非聞かせてください。

 

 

その話を肴に、
共に海外旅行仲間になれるのを
心から楽しみにしています。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。
講座の説明に入っていきたいと思います。

 

 

タカツ

 

 

▼以下から講座の説明です▼
 

無限学習で英語力の上位層へ

 

-IEA-

Infinite English Academy

 

無駄な時間を全て削減し、

最短距離で英語脳を手に入れる

IEAの詳細

 

 

 

今回の『Infinite English Academy』では、
『英語脳進化までの航海地図』
を動画で解説します。

 

 

1:タカツが4年間で導き出した『語学バイパス』

  42ステップの全ノウハウ(手引書)

 

2:ノウハウをスキルに変えるための

  教育システム(スキル)

 

3:P(発音)→L(英語脳)→C(英会話)を

  一切挫折せずスムーズにシフトさせる

  勉強テクニック(引き出し)

 

 

など、これらを全て提供し、
2ヶ月以内にネイティブの英語を聞き取るスキルと、
当たり前に海外で生活できる自信をもたらします。

 

 

それが、IEAです。

 

 

もしかしたらあなたが思っていたよりも
あっさりと英語が身につくかもしれません。

 

 

それくらい、

知識・戦略・思考のレバレッジは大きくかかります。

 

 

講座の中で紹介しているノウハウは
海外で旅行に困らないぐらいの英語力どころか、

 

不自由なく外国人の恋人を作れたり、
ビジネス英語のミーティングで
議長をこなすレベルすら
目指せるポテンシャルを秘めた内容です。

 

 

一生使える英語スキルとともに、
巨大なコミュニケーションツールを
使いこなせるようになりましょう。

 

 

IEAの内容は以下の通りです。

 

 

1.学習カリキュラムマスター講座

 

世の中には短い勉強時間にも関わらず英語力が伸び、あっさりTOEICで高得点を取ったり海外でペラペラ英語を話す人が存在します。それに対し、あらゆる努力を凝らしたにも関わらず全く英語力が上がらないどころか、英語スコアが下がってしまう悲しい人もいます。その違いを生む最も大きな要因は『勉強に対する姿勢』です。才能も環境も今の英語力も一切関係ありません。今日から正しいカリキュラムを確立し、圧倒的な集中力で人生を好転させていましょう。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆「これなら絶対英語ができるようになる」と確信を持てるカリキュラムの立て方とは?

 

→「英語ができるようになりたい」と思う人はいますが、具体的にできるようになるためのカリキュラムを組んている人はほとんどいません。しかし、ゴールまでの道のりを確認しないと英語は身につかないし、初心者が自分でひらめけるものでもありません。そこで、まず最初にあなたが英語を身につけるカリキュラムを超具体的に設計していきます。

 

◆集中が続く時間を今から+1時間にするコツと6つの集中力起爆装置とは?

 

→リスニングをしたり、英文を読むためには莫大な集中力が必要となります。しかし、多くの人は最初の30分で集中力を切らしてしまい、その後無駄な時間を過ごしているのも事実です。僕はここ4年間、休みの日は6時間ぶっ通しで英語を勉強したり仕事をしています。もちろん集中力が落ちている感覚もありません。理由は集中力をブーストさせる6つの起爆装置をフル活用しているからです。これらを使えば集中力をグングン伸ばして濃密な英語学習にすることが可能となります。

 

◆集中力が切れた時に疲れをリセットするための、脳科学的に基づいた3つの回復法とは?

 

→どれだけ集中力がアップしたとしても、やはり人間なので疲れるときは疲れます。ここでは脳が疲れて何もしたくなくなった時のために、やる気と集中力を引き戻す3つの魔法の薬を紹介します。今より長い時間集中して英語力を加速させたい方向けに、短時間で脳の疲れをリセットさせる脳科学に基づいた習慣も伝授したいと思います。

 

◆今度こそ英語を途中で投げ出さない、英語を1ヶ月単位で長続きさせる科学的モチベーション管理術とは?

 

→英語を短期間で習得するといっても、少なくとも2ヶ月は必要です。しかし、何も考えずに淡々と勉強していては、せっかくのやる気も途中で落ちてしまい、結局英語の完全習得が遠ざかってしまいます。やる気は、意識的に自分でコントロールする必要があります。そこで、ここではあなたの英語学習を全力でサポートするべき、モチベーション管理術も伝授します。

 

◆周りをゴボウ抜きにする、移動時間を最高に有意義に過ごす方法とは?

 

→1日の中で、一番無駄なものは移動時間だと言われています。あなたはスマホをいじったり寝たりして無駄にしていないでしょうか?もし無駄にしているとしたら、あなたは英語の習得からどんどん遠ざかっていると言ってもいいでしょう。そこで、着実に英語力を高めていくため、移動時間を使って英語力を爆上げしてしまう方法を明日からできるように超具体的にお伝えしていきます。

 

◆ノートに一切書かずにスマホやPCだけで英語学習を済ませてしまう奥義とは?

 

→僕は現在、英語を勉強するにあたってノートは一切使ってません。ノートに書いたものはすぐに忘れるし、復習するのに手間がかかるからです。あなたはノートに書き込んだメモを復習するのに、何度もページをめくっていたりしていませんか?そのページをめくる時間が、語学のやる気をダウンさせる1つの要因となっています。しかし、スマホやPCを使ってあることをすれば、こんな面倒なことをしなくても、簡単に復習することができるのです。ノートで復習すると自体を否定するつもりはありませんが、スマホやPCでどこでも復習できる方法をあなただけにお教えします。

 

◆忙しい人でも楽しく英語が勉強し続けられるPLCモデルの全体像とは?

 

→英語を無理なく継続して勉強するための秘訣とは、やっぱり語学を楽しむことです。忙しい人でも語学を楽しむためには、まずは英語学習の全体像を俯瞰して見定める必要があります。僕が提唱するPLCモデルの全体像をゴールからスタートまでしっかりと把握し、やるべきことを明確にすることで、不安なく前へ前へと歩み進めることができるようになります。

 

 

2.発音マスター講座

 

僕は英語のなかでも、土台となる発音がもっとも大事だと信じています。僕自身が発音を攻略する上で経験した膨大な『発音を効率的に覚えるテクニック』をもとに、脳科学的な根拠に基づいて発音習得の真髄を学んできました。一連のストーリーを経て最短速度で発音を身につけた僕自身の経験と発音力アップの成功事例を体系的に学び、同じような発音をあなた自身で再現できるようにしていきましょう。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆実践直後にネイティブの発音をものにしてしまう、発音攻略までのバイパスとは?

 

→まず最初に発音を完璧にマスターするまでの具体的な道しるべを解説します。全体像を把握し、ゴールから逆算することで、確実に発音力を鍛えていくためのステップが分かるので安心して発音の勉強に取り組むことができるでしょう。最短で結果が出るように設計されているので、無駄に発音の勉強に時間を割くこともなくなります。

 

◆発音習得に一切困らない『発音記号の書き方』と、発音習得が遅い人の決定的な要因とは?

 

→発音を習得するのに最も効果的なのは、実際に自分で発音記号を書いてみることです。発音記号を書くことで今まで勘違いしていた発音がどんどん訂正されていきます。しかし、発音記号には正しい書き方があり、間違った方法で発音記号を書き込んでいると学習効果が半減してしまいます。最速で結果を出すためにも、この考え方は非常に重要です。あなたは正しい手法で発音記号を書き込めていますか?

 

◆ネイティブと同じ発音に近づけるために毎日行うべきトレーニング方法とは?

 

→ネイティブと同じ発音で英語を話すための超効率的な訓練法を紹介します。これは毎日朝起きた時などに実践して欲しいのですが、やればやるだけネイティブの発音に近づいていきます。1日5分〜10分で大丈夫ですので、ぜひ実践してみてください。みるみるネイティブと同じ口調で英語が話せるようになってることが実感できるでしょう。

 

◆『発音力が日々上達している』というブレイクスルーを経験し、英語に対する視点のステージを一気にトップレベルまで持っていく7つ技術とは?

 

→ここでは発音のブレイクスルーを起こす7つの手法を伝授します。発音を最短最速で上達させるためには、「毎日上達している!」というブレイクスルーを経験することが大切です。不思議なことに、初めて勉強で「上達してる!」という実感が湧くと、英語に対する見方がガラリと変わります。ステージを上げるとはまさにこのことだ!と、世界を見る視点が180度反転してしまう衝撃を受けることが重要なのです。ここまでいけば、あとは英語の世界を自由に冒険するだけですので、ぜひこの方法を実践して発音をマスターしてください。

 

◆時間がない人でもすぐに実践できる発音練習の方法とは?

 

→実は、発音力を鍛えることはすごく単純なことなのですが、知らない人が多すぎて呆れるほどです。今回は、たった5分で誰でも実践できる発音力アップの秘訣をお教えします。5分程度の練習ですが、これが発音力向上には一番ベストな方法です。朝起きた後や、夜寝る前の5分間に取り入れてもらえれば、半年後には爆発的に発音力が向上していると思います。初心者〜上級者まで幅広く取り入れられて、やればやるほど発音力は伸びていきますので、是非試してみてください。

 

 

3.リスニンググレードアップ講座

 

これを言うと驚くかもしれませんが、実は人間の脳の語学感覚は9歳でガチッと固まっています。大人になってから自分の脳にある語学感覚を変えることが大変難しく感じるのは、すべて脳が凝り固まっていることが原因です。では脳の構造を変化させて英語感覚を身につけ、リスニングが次々に聞き取れるためには具体的にどのようなステップを踏めばいいのか?を共有します。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆英語知識0の状態からネイティブのマシンガントークすら聞き取れるようになる、リスニング攻略までの道のりとは?

 

→やはり、最短で成果を出すためには、語学習得までの正確な道のりを知ることが重要です。ここでは英語知識0の状態でも正確に英語が聞き取れるようになる『Google map』をあなたにお渡しします。ネイティブのマシンガントークをスラスラ聞き取れるようになるためには、どのような手順で勉強に取り組んでいけば良いのか?科学的に証明されたプロセスを包み隠さず全てをお教えします。

 

◆『音のつながりの法則』を知ると今まで聞き取れなかった英語が聞き取れるようになる、『音のつながりの法則』の全てを教えます。

 

→リスニングが聞き取れないと、普通は耳が慣れていないことを原因と考えます。しかし、実はそうじゃないことがほとんどです。本当の原因は、「そもそも発音の法則が頭でわかっていない」こと。そこで、IEAではリスニング力が激増させる、『音のつながりの法則』を全てまとめてお教えし、あなたのリスニング力を爆上げしてさしあげます。

 

◆音のつながりを知っても、海外へ行ってみると聞き取れないことが多々あります。生のネイティブ音声に慣れるために必要な2つのリスニング手法を紹介します。

 

→残念なことに、リンキング(連結)・リダクション(脱落)・アシミレーション(同化)といった、基礎的な音声変化の知識を身につけても英語は聞き取れるようになりません。理由は簡単で、生のネイティブの英語に直接触れていないからです。ここではネイティブの英語が聞き取れるようになる2つの技を紹介します。右手の剣と左手の剣の二刀流を駆使して確実にネイティブの音声をものにしましょう。

 

◆リスニング練習の効率を3割増しにする、タカツが3年以上使ってきた『3種の神器』とは?

 

→あなたはリスニングの練習は、何を使って行なっているでしょうか?実は、リスニングの練習の効果を最大限にするには『道具』にこだわる必要があります。そこには、明確な選択基準があるんです。そこで、僕が実際に英語学習で3年以上使ってきた、リスニングの効果を3割増しにする『3種の神器』をご紹介します。

 

◆やればやるほど英語耳がすくすく鍛えられる非道徳なトレーニング法とは?

 

→リスニング力を鍛えるためには、英語の音声を聞く練習をしないといけないことは言うまでもありません。しかし、一時期はやった『聞き流し』では実は英語の耳は全く育ちません。(英語ができる人の意見が一致しているところです。)そこで、聞き流しではない、あなたの英語の耳がどんどん育つタカツ式のリスニング多聴法をあなたに伝授します。

 

◆移動時間も苦痛なく楽しんでリスニングができてしまう、最強の学習環境構築法とは?

 

→会社へ通勤するときや、友達とご飯を食べにいくときなど、人生にはどうしても移動時間というものがつきものです。この移動時間、すごく無駄ですよね?あなたはスマホで音楽を流しながら移動時間を過ごしているかもしれませんが、これを語学学習に使うことができれば一気に勉強時間を確保できます。今回は、例えヘトヘトで疲れている時でも苦痛なく楽しんでリスニングができてしまう勉強法と、その学習環境の構築方法について徹底的に解説します。僕は会社への通勤時間は徒歩5分ですが、この5分間でさえも楽しみながらリスニングができるようになりました。

 

 

4.英語脳マスター講座

 

『英語を英語のまま理解する』勉強には確かな”メソッド”があります。このメソッドを無視していくら英文を読んだり聞いたりしても、そもそも内容が頭に入っていなかったり日本語に翻訳しながら読み進めてしまうことになるでしょう。しかし、英語脳に必要なメソッドを1つずつ段階的に習得していくことによって、自然に早く読んでも内容もすんなり頭に入ってくるようになり、気づけばスラスラ英文を読みこなしたり聞き取ることができるようになるのです。そこで今回僕は、徹底して勉強法に工夫を施し、かなりハードルを下げてあなたにもすぐに実践できるようにしました。英語脳習得への階段を一段一段、着実に登っていってください。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆誰でも確実に英語脳が手に入るフレームワークと、英語脳をマスターする全貌とは?

 

英語はある程度聞き取れるようになったが、英語脳でかなり苦戦させれられているという人は思ったよりも多いです。そんな人が、英文を見たり聞いたりして、瞬間的に理解できるようになるためには、英語脳の習得プロセスを全体から考えていく必要があります。ここでは対象とする課題の全体像を高所から俯瞰し、捉えた全体像を最適の切り口で切断し、断面をさらに分解していくことで、英語脳が養成されない原因を正確に捉え、確実に英語脳をマスターするためのフレームワークをあなたにお教えします。

 

◆全く英文が読めない人必見!0の状態から中学レベルの英文をスラスラ読めるようになる3ステップとは?

 

→英語脳を鍛えるためには英英辞典が必須ですが、そもそも英英辞典の英文すら読めない人もいると思います。そこで英語脳を鍛える手始めとして、全く0ベースの初心者が英英辞典を読めるようになるまでの勉強手順を包み隠さず公開します。英英辞典さえ読めるようになれば、あなたが英語だけで英語が理解できるようになるのも目の前です。

 

◆勉強を開始する前に絶対に知って欲しい第二言語習得論の本質とは?

 

→第二言語習得論とは、第二言語を習得するメカニズムやプロセスの研究を科学的理論にまとめたものです。まずはここで第二言語習得論の本質を知り、日本人が未だに英語が苦手な理由を検証し、それを克服するための科学的で効率的な英語学習方法を詳しく指南しいきます。ブログやメルマガでは公開してこなかった驚くべき内容を喋っていくので、この本質に気づいたあなたはこの先の英語勉強法に困ることがなくなるでしょう。

 

◆演繹法と帰納法における、絶対に守らなければいけない学習バランスと高効率勉強法とは?

 

→これまでは第二言語習得論にのっとった勉強法を伝授してきましたが、最短で英語スキルを伸ばしたければ、もっともっと語学の全体像を俯瞰していく必要があります。そこで英語学習を大きく二分すると、『演繹法』と『帰納法』というカテゴリーに分類することができます。多くの語学学習者はこの『演繹法』のみに偏った勉強法をしているわけですが、それだとやはり英語脳は養われていきません。英語脳を効率よく鍛えていくためには、『演繹法』と『帰納法』の学習をしっかりバランス良く使い分けて行かなければいけないのです。その学習バランスと超効果的な勉強法を深く納得がいくまで解説します。

 

◆英語ができる人が秘密裏に使ってきた、英文の文脈を駆使した、英英辞典の使い方とは?

 

→実は、英語ができる人とできない人は勉強の仕方が全く違います。その違いを特別にここで少し公開すると、英語ができない人はジーニアス英和辞典やターゲット1900などの日本語が書かれた参考書を使っているのに対し、英語ができる人は1人残らず『英語だけで書かれた教材』で英語を学習してきています。そこで、具体的に、英語だけで書かれた教材のバイブルとなる『英英辞典』の効率的活用法、そして英語だけで学ぶための重要ポイントをあなたに詳しくお教えします。

 

◆実用英語に直結する、日本人の99.9%の人が実践していない正しい英文法学習計画メソッドとは?

 

→英文法を克服するには、きちんとした学習計画を立てることが重要です。英文法をただなんとなく始めると途中で続かなくなる可能性は約8割だといわれています。ここでは英文法を早く正確に勉強していくための、具体的な学習スケジュールを解説します。効率的な学習計画を立てて少ない労力の中、最大の成果を掴み取っていきましょう。

 

◆英語に触れるだけで自動的に英文法を理解できてしまう超攻撃的勉強法とは?

 

→英文法は問題が解けて理解できているだけでは不十分過ぎます。そもそも問題が解けることと文法が使いこなせるようになることとは全く別の話です。ここでは文法を柔軟に理解し、自動で英作できるくらい使いこなせる超攻撃的勉強法をお伝えします。7つのステップを踏んで文法脳と英語脳の歯車を合致させ、実用英語にも役立つ文法力を養成しましょう。

 

◆帰納学習に入る前に知っておきたい、絶対に英単語が忘れられなくなるエピソード記憶の本質とは?

 

→今回の講座の中核となる部分です。あなたは、無作為に選別された英単語と、ある規則性によって選ばれた英単語では、どちらの方が覚えやすいでしょうか?例えば、「バラ、水族館、喧嘩、投資、食べる、怠惰な、花火」という無作為に選んだチャンクよりも、「バラ、花壇、育てる、美しい、刺、痛い、治療」という、エピソードに沿った連想できる候補の方がより記憶しやすいと思います。ここではこの『エピソード記憶』の本質に迫り、エピソードに着目した様々な勉強法をあなたにお伝えしていきます。

 

◆0からスイスイ英文を読みこなすための多読のステップアップ法とは?

 

→「リーディングはもうダメ」「全然英語なんて読めない」「どうしても読んでる最中に眠たくなる」・・・。そんな英語嫌いのアレルギーを持っている人が、0から楽しくステップアップしていくための驚異の勉強方法をあなたにお教えします。これを実践していただければ、あなたの英語アレルギーは一気に解消され、1日何時間でもリーディングにのめり込むことができるでしょう。

 

◆ストレスフリーで英語が読めるようになる、文の要旨を一瞬にして解読する「斜め読み」の極意とは?

 

→英文の主張を理解したりするためには、必ずしも全ての文に目を通さなければいけないわけではありません。そこで僕らが使うのは、『推察力』です。推察力を使って英文を『斜め読み』することで、英文の理解力はグッと上がってきます。そこで、ザッと斜め読みするだけで英文の主張を頭に入れる読み方を伝授します。これができるようになれば、眠くならずに集中して英文を深読みすることができるようになります。

 

◆個人でもイマージョン学習ができてしまう必殺技と、おすすめの学習ツールとは?

 

→第二言語習得論では特にイマージョン教育という学習方法が提唱されていますが、個人でイマージョン学習をするのはなかなか難しいものです。しかし、最近はインターネットの発達により、オンライン上において、日本と英語圏の境界線がどんどんなくなってきました。その結果、個人でもイマージョン学習ができる環境が整ってきており、オンラインを使ってどのようにイマージョン学習を行うべきかについて解説していきます。

 

◆翻訳をせずにイディオムも英単語も覚えてしまう、バイリンガルになるための記憶術とは?

 

→あなたは英単語やイディオムをどのように勉強していますか?もし「単語帳をペラペラめくって覚えている」「何度も単語帳を反復している」という方法で覚えているのであれば、一生英語はできるようにならないので今すぐやめてください。ボキャブラリーをネイティブの理解力で記憶するための必殺技をお教えします。この方法でボキャブラリーを勉強すれば生きた英単語が脳に染み着き、生涯忘れることもありません。

 

◆ながらリスニング(多聴)をするときに、絶対に意識しなければならない注意点とは?

 

→歩きながら英語を聞いたり、別の作業をしながら英語を聞いたりするという勉強法が巷では主流ですが、「英語を聞き流す」「ながら聴きをする」ということは、要するに「あまり集中しないで英語を聞くこと」です。では、集中しないで英語を聞くことは果たして勉強になるのか?答えは”Yes!”ですが、それはある条件を満たした人のみの場合です。その条件とは?

 

◆リスニングと英語脳を同時に爆上げさせる、日本のアニメを使った奇跡の英会話学習法とは?

 

→さて、最後に一番英語脳の向上を促す勉強法を紹介します。それは、日本のアニメを用いた勉強法です。海外の映画やドラマだと途中で飽きてしまう人や、TOEIC650点以下の初・中級者の人は、日本のアニメを使って英語を勉強しましょう。スタジオで音声収録されているので発音もかなり聞き取りやすいです。DVDの入手方法や、MP4視聴方法、具体的な勉強手順まで深く詳しく解説していきます。最後に紹介する特典などを併用していただくことで、あなたのリスニング力と英語脳は爆発的に伸びていくはずです。

 

 

5.リテンションマスター講座

 

英語脳を保有している上位5%の日本人は、『リテンション』というスキルを持ち合わせています。リテンション能力があれば、英語を一度聞き取っただけですべて記憶することができ、スムーズに相手の意見に対して反応することができるのです。すると短時間でリスニングやリーディングができるようになるので、自動的にTOEICスコアも上昇していきます。ネイティブ並みにスラスラと英語をインプットしていくための、あなたの頭に永遠に落とし込む勉強法をお話しします。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆どれだけ長い英文も瞬時に読みこなせるようになる、リテンション学習の秘訣とは?

 

→長い英文をサクサク読みこなすためには、リテンション力を伸ばしていくことが不可欠ですが、やはりここでも学習の全体像を知っておく必要があります。目的が分かればあとはそこに向かって走っていくだけです。ここで瞬時に読解ができるようになるリテンション学習の秘訣を知り、最短最速でリテンション力を伸ばしていってください。

 

◆一度聞いただけで、英語の意味がすべて頭に入ってくる『記憶保持』の具体的な鍛え方とは?

 

→リテンション(記憶保持)とは、いわゆる一度読んだり聞いたりした内容を最初から最後まで記憶できているかのことです。記憶保持力が高い人はどんなに長い英語の音声が高速で流れてきたとしても、全てを理解することができます。英語を聞いて英語のまま理解する力をさらに強化する最強の鍛え方として、具体的な手法をステップバイステップであなたにお教えします。

 

◆返り読みのクセをなくす、左から右へスラスラ英文を読みこなすリーディングのための特化型トレーニング方法とは?

 

→リテンションは『英語の語順に順応』『英語の音の体得』『英語を英語のまま理解』の3つを同時に強化できるトレーニング方法ですが、さらに英語脳作りを拡張させるトレーニング・フローを紹介します。これは特にリーディング学習に有効で、実践すれば英語を日本語に変換して理解することは確実になくなるでしょう。これで、真の英語脳の完成です。

 

◆リテンションと語彙力を相乗的に伸ばす英単語帳の使い方とは?

 

→リテンションと語彙力を同時に伸ばしていきたければ英単語帳を用いるのが最強です。ここでは英単語帳を使って英単語を記憶し、さらにリテンション力も飛躍的にアップさせる非常識的な勉強方法をあなたにお伝えします。これを知ることで、無駄な勉強時間も大幅に削減することができ、日に日に英単語学習が楽しくなっていくことでしょう。

 

 

6.英会話マスター講座

 

英会話のやり方を理解するためには、ネイティブの実際の会話術から学ぶのが最も本質的でしょう。実は、日本人が考えている英会話のやり方と、実際にネイティブがやっている英会話のやり方は全く違うのです。英会話そのものが楽しくなる考え方を知り、ネイティブの謎を解き明かしたとき、あなたはネイティブのように次々に言いたいことが英語で頭に浮かぶようになるのです。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆ネイティブと対等にコミュニケーションできるまでの全体像と絶対に押さえなければいけない学習手順とは?

 

→最初にネイティブと対等に英会話を行うために必要な準備と、最短で英会話ができるようになるための手引書についてお話します。これを知っていないと、英会話習得までにかなりの遠回りとなってしまうので、ここで絶対に押さえておきましょう。英語が話せるようになるためのトリガーや会話戦略を初心者でも分かるように丁寧に解説していきます。

 

◆日本と英語圏の文化摩擦をなくすために絶対に知っておくべき3つの前提知識とおすすめの勉強法とは?

 

→ネイティブと対等にコミュニケーションができるようになるためには、英語圏の文化について知っておく必要があります。日本語圏と英語圏とではどういう社会構造になっているのか?仕事上の上下関係や目上の人とのコミュニケーションの仕方に違いはあるのか?英語圏の文化を理解するためにはどのように勉強していけば良いのか?などを学術的な観点を混ぜながら分かりやすく解説しています。

 

◆英会話ができるようになるための5つの学習プロセスと、インプットとアウトプットの相関関係とは?

 

→僕がおすすめする英会話学習法は大きく分けて5ステップから成り立っています。この5つの学習プロセスを経てインプットとアウトプットを効率よく行うことで、あなたはどこに出ても恥ずかしくない英語話者になることができるでしょう。ここでは、インプットとアウトプットの相関関係を解説し、英会話ができるまでの具体的な学習手順を紹介します。

 

◆【必須】ネイティブの会話に入れない原因と、サクッと会話に入るための『円滑剤』とは?

 

→ネイティブの会話に入れないのには、大きな原因があります。この原因を知らずに英会話を勉強してもかなり遠回りになるだけなので、いきなり英会話の勉強をするのはやめてください。ここではネイティブの会話に入れない原因を知り、具体的な解決策を提示します。さらに、万が一会話に入れない時のために、知っておいて損はない会話導入のための円滑剤まで紹介します。

 

◆2ヶ月後に外国人と楽しく会話する自分がありありと思い浮かべるようになる、究極の英会話戦略とは?

 

→日本人は英語が苦手というのは世界的に有名ですが、その中でも最も苦手としているスキルは『英会話』です。しかし、実は日本人が英会話ができない理由は明確です。その『ある理由』さえ分かれば、英会話は4技能の中でも一番簡単に習得できるスキルだと思っています。今回は、英会話に対する誤解を直し、英会話力をカンタンに爆上げする方法をお教えします。

 

◆言いたい単語が瞬時に浮かぶ、英会話の瞬発力が上がる9つの会話パターンとは?

 

→英語で理解できるようになったのに「英会話ができない…」と嘆いている人がいます。しかし英会話はこれまでのリスニングやリーディングとはまた違ったトレーニングが必要です。なぜなら、その場ですぐに聞き取り、すぐに返事する瞬発力が求められるからです。そこで英会話に必須である瞬発力を上げるために、たった1人でも実践できる9つの会話パターンをお教えします。

 

◆インプットしたものを正しくアウトプットするための、英語脳と英語口の鍛え方とは?(練習試合編)

 

→ここでは今まで英語脳編で培ってきた腕試しをしていきます。今までインプットしてきた自分でアウトプットしていくことで、英会話力が格段と上達していくことに驚くはずです。インプットを引き続き継続しながらアウトプットをしていくサイクルとおすすめの方法論を紹介するので、ここで一気に英会話スキルをアップさせていきましょう。これを実践した3週間後には、周りの仲間や途中で学習をやめていった人より数段上の英語力を手に入れていることに気づくはずです。

 

◆世界に誇れる優秀なグローバル人材になるための4つの英会話向上ツールとは?(公式戦編)

 

→ここからは遂に公式戦です。公式戦とはリアルワールドに繰り出していき、英語でコミュニケーションを取ることですが、日本にいながらリアルでコミュニケーションを図るための4つの英会話向上ツールを紹介します。(ちなみにオンライン英会話ではありません。)このツールを使って実践を積めば、あなたは立派な英語話者になれます。世界に誇れる優秀なグローバル人材となっていることでしょう。

 

◆たった一人でできる、タカツの英会話力の土台にもなっているスピーキング練習法とは?

 

→実は、スピーキングの半分は、この練習法で身につけました。僕はいま飲み会でも英語で楽しく交流できるくらいの英会話力がありますが、実は短期集中してこのスピーキング練習法を実践しただけです。あなたにも、この練習法を伝授して、僕と同じように英語を自在に話せるようになってもらいたいと思います。

 

 

7.独学英語マスター講座(総括編)

 

僕は普段、英語は独学で習得できると言っています。もっと言うなら、英語は独学なしでは習得できないと言った方が良いでしょう。しかしながら、「結局、独学って言っても正しい学習方法が分からない」「そもそも独学で英語が習得できるなんて怪しい」と思っている人が残念ながら大半なのです。なので最後に「英語を習得したいけど、具体的な学習方法が分からない」というあなたに向けて、科学的理論に基づいた、真に効率的な学習方法を公式的に導き出していきます。

 

 

コンテンツ内容の一部

 

◆初学者ほど英会話スクールやTOEICに手をつけるべきではない真の理由とは?

 

→英語を話せるようになりたいと思ったら、英会話スクールに行こうと考える人が多数います。また、社員の英語力はTOEICで判断する会社がほとんどでしょう。しかしながら、その英会話スクールとTOEICには、日本人が英語ができない理由が隠されています。まずはその理由をあなただけにこっそりお話ししましょう。

 

◆独学のみで英語スキルをコンプリートさせる、英語独学法の全貌とは?

 

→英会話スクールに通っても、TOEICの勉強をしても、実用英語を効率的に習得できないことが分かったところで、具体的にどうすれば英語力が伸びるのか?という具体的な方法論、全体像を科学的観点に基づいて解説して行きます。キーワードは『ボキャブラリー』『文法』『発音』『英語脳』『ライティング』の5つです。果たしてこの5つをどう組み合わせていけばいいか?全貌を全てお答えします。

 

◆英語力の基礎力を強化するために絶対に知っておくべきロジックとは?

 

→言語の要素は『単語』『文法』『発音』の3つしかありません。大人になってから新しい言語を使いこなすための方法は、『単語』を英語のまま覚えて、その並べ方(『文法』)と『発音』の方法論を学ぶことから始まります。それら3つの言語要素の知識を技術として自由自在に使いこなすことが『基礎力強化』です。最終的な目標は、それら3つを組み合わせて無限の文章を作れるようになることです。

 

◆独学で英語脳を作り出すために知っておくべき科学的理論とは?

 

→英語脳作り(自動化)とは、単語・文法・発音の知識を無意識的・自動的に使えるようにすることです。英語の流暢さを向上させるためには、英語の音(発音)を体得し、英語の語順(文法)に順応し、英語を英語(単語)のまま理解することが必須です。この3つの自動化を理論的手法を知り、実際に手順を進めていくことで英語の脳回路を作り出していきます。

 

◆スピーキング力を独学で向上させる、実践力強化理論とは?

 

→スピーキング能力の向上の基本は、単語・文法・発音の3つを組み合わせて無限の英文を自由に作れるようになることです。そのためには、頭の中で英文を作る能力(脳内英作文力)向上と、言いたいことを簡単な単語と文法で表現できる能力(表現方法単純化力)の向上が必須となります。一方で、話すたびに英作文をすることは非効率的です。加えて、ネイティブにとってナチュラルな英語を話すためにも、定型表現を覚えることも重要となります。ここではスピーキングの実践力を強化させるスタートからゴールまでの動線をみっちり解説していきます。

 

◆言語の基礎要素『単語』『文法』『発音』の効率的学習方法と教材の選び方

 

→ここでは言語の基本要素である『単語』『文法』『発音』の学習方法をもう一度復習しつつ、勉強上の注意点など、別の視点から伝授していきます。これらの3つの基礎力を独学で効率的に強化していくには、実は教材選びが最も重要です。必ず、自分の学習レベルと目的に合ったもの選ぶことが大切ですが、具体的な選び方なども解説していきます。

 

◆絶対に途中で中倒れしない、脳科学に基づいた英語学習計画の作り方とは?

 

→英語の習得にはどうしてもある程度の時間が必要です。TOEIC500点前後の人であれば、仕事で使える英語力を獲得するまでには一般的に約1年半かかると言われています。もちろん僕の勉強法を実践する事でもっと早く英語力は伸びていくのですが、このような膨大な時間と労力、つまりコストがかかるプロジェクトを、計画も立てずに始める事はリスクが高すぎます。そこで実際に英語学習に入る前に、まずは科学的法則に従った計画を準備し、自分の学習の進歩状況を自分で管理する方法をお伝えします。それをする事で、モチベーションが圧倒的に維持されやすくなり、英語学習が円滑に進む事は間違いないでしょう。

 

◆脳科学から導き出された、超おすすめの学習習慣術とは?

 

→学習法ほうと学習時間が同じでも、学習習慣の違いであなたの学習効果は全く変わってきたりします。「英語をなるべく早く習得したい!」「短い時間で効率よく英語力を伸ばしたい!」と思っているのであれば、科学的な学習習慣を身につける事は絶対条件です。最後にここで、学習の効率性を高めるために、人間の脳の性質を理解し、それを考慮した学習習慣術を身につけていきましょう。

 

 

と、いう感じで10時間以上の動画
会員サイトに埋め込んでいます。

好きなときに視聴してレベルアップしてください。

 

 

メイン講座のみでこの量と質です

 

IEAの核となる『メイン講座』は以上で全てです。

 

 

動画を何度も見て、
僕が切り開いた学習の仕組みを分析し、
何度も模倣してみてください。

 

 

そうすることで結果が出るスピードも
全然変わってくるはずです。

 

 

僕は成功している人の戦略を全部真似して、
勉強法の細部まで模倣したことで
英語力を伸ばすことができました。

 

 

遠慮なく真似してください。

 

 

ただ、ここで注意点が2つあります。

 

 

・要所を理解した上で真似すること
・やるなら一人から徹底して学ぶこと

 

いくら模倣しても、
英語の『要所』を理解していなければ
意味がないです。

 

 

リスニングやりなさいと言っても、
発音に意識すべきか、意味に意識すべきか、
どこに意識するかという要所を
知っていないとできるようになりません。

 

 

解説動画で説明するので、
動画の細部まで真似るようにしてください。

 

 

2つ目は、
模倣しながら徹底的にやることです。

 

 

一番やりがちなのが、

 

「この人の良いところと、
 この人の良いところと・・・」

 

という感じで、
いろんな人の良いところを
かいつまんでしまうというもの。

 

 

これが良くありません。

 

 

なぜかというと、
初心者の人が大切だと思っていることと、
上級者の人が大切だと思ってるところは
全く違うからです。

 

 

しかも、インターネット上には
あらゆる語学のジャンク情報があるため、
間違った勉強ノウハウを
鵜呑みにしてしまう可能性もあります。

 

 

僕も、最初は必死に
「スラッシュリーディングで速読!」
とかやっていました。

 

 

なんだか
スラッシュリーディングってかっこいいし、
これやってたら
できそうな感じがしますよね。

 

 

でも、実際はスラッシュしながら
リーディングしても、結局日本語脳で
解釈してしまって翻訳読みになっているんです。

 

 

だから、
そういった派手な技を磨くよりも、
地に足つけた地味な勉強の方が
大切だったりします。

 

 

ビジネスの世界では、
成功している人の取り組み方や
方法を真似ることをTTPと言います。

 

 

TTPとは、

 

T:徹底
T:的に
P:パクる

 

という造語です。

 

 

正しい、考え方や方法を真似ることの重要性は、
ビジネスの世界でも
深く浸透しているわけですね。

 

 

何もない状態でスタートするぐらいなら、
真似から入る方が
スタートしやすいのも事実です。

 

 

僕は、勉強法だけ伝えても、
お客さんとの解釈の違いが生まれてしまったら
意味がないなと思いました。

 

 

その解釈の差を埋めるために、
僕が辿ってきた具体的な勉強ステップを
分かりやすく解説したかったのです。

 

 

頭の中の考えや価値観を
そっくりそのままインストールしてもらおうと思い、
この企画を作りました。

 

 

英語力以上に重要な技術
「英語の苦手意識をなくす」

 

 

英語は、やるべきことを知ったとしても
最短で身につけられるわけではありません。

 

 

どんなにいい講座をとったとしても、
どんなにいい教材を手に入れたとしても
それをちゃんとやらなかったら
意味がないです。

 

 

だから、効率的な勉強法以外に
もう1つ必要なのが、

 

 

「英語の悩みを全て消し去り、
モチベーションを保ちながら全速力で道を進み続ける」

 

 

ことです。

 

 

やるべきことが見え、
さらに取り組むやる気が最大になったとき、
英語力は一気に消化していきます。

 

 

そのためには、
英語が好きになる(少なくとも苦手意識なくす)
のがもっとも近道です。

 

 

日本人の英語力が低いままなのは、
もちろん勉強法が間違っているというのもありますが、
どちらかというと苦手意識の方が
問題なのかもしれません。

 

 

嫌いな人とどんなに頑張っても
友達になれないように、

 

英語が嫌いなままでは
英語力が上達するわけありませんよね。

 

 

この事実に気づいてから、
僕は英語講師として英語の勉強だけでなく
やる気の管理もしっかり行ってきました。

 

 

僕のブログやメルマガが
英語の用語解説ばかりではないことからも
わかると思います。

 

 

しかし、
世の中の多くの英語講師はここに気づかず、
ひたすら英語を
押し売りしようとする人がほとんどです。

 

 

問題なのはそこじゃないだろ、と。

 

 

英語に苦手意識を抱く日本人が多い中、
「英語に対する苦手意識をなくす」
効果は計り知れないと思います。

 

 

もし日本人全員の
苦手意識を吹き飛ばせるとしたら、

 

日本は一気に世界的な
『英語強国』
におどり出ると思うほどです。

 

 

いったん英語が好きになってしまえば、
上達具合もケタ違いです。

 

 

そして、結局英語の習得の早さにも
大きく繋がります。

 

 

僕はこの講座を通して
英語を使って活躍できる人材を
育てたいと思っています。

 

 

そこで、IEAでは、
早く参加を決断してくださった
先行者の方に対して、

 

『英語を好きになる』
『英語の苦手意識をなくす』

 

ということを目的として、
追加コンテンツをお渡しします。

 

 

追加コンテンツで受け取れる内容は
以下の通りです。

 

 

<追加コンテンツ1>

2ヶ月間のメール講座

 

IEAに加えて、IEAクラブエリートという

2ヶ月間のメール講座をつけます。

 

 

IEAクラブエリートとは、
英語を好きになり、自由自在に使える人
になりましょうという意味で名づけました。

 

 

効果のある教育システムを
再現できるようにアレンジして

 

『合計2ヶ月で英語に対する
 苦手意識を完全に消し去る』

 

講座を作成しました。

 

 

合計62通のメールを毎朝お送りします。
毎日、厳選した特濃の情報をお送りします。

 

 

このメールの通りに学んで行動すれば、
英語への悩みが解決し、
モチベーションを最大にして
学習に取り組むことができるようになります。

 

 

列車で目的地に向かうことに例えるなら、

メイン講座は
目的地、そこまでの経路、道中の環境、天候…
ゴールまでのあらゆる情報を網羅したものです。

 

 

そして、メール講座『IEAクラブエリート』

 

最速で列車が目的地に着くように、
常に燃料を補給して
最大速度を保つためのものです。

 

 

メイン講座と
このメール講座があわさったとき、
あなたは最短で英語力を
身につけることができます。

 

 

だから、このメール講座はメイン講座の相棒として、
メイン講座の内容をもっと深掘りして面白くしたり、
勉強に取り組むマインドセットを加えたりして、

 

“読むだけで英語が好きになる2ヶ月間”

 

を目指したいと思います。

 

 

ぜひ英語を好きになって、
一気に英語のレベルを上げてみてください。

 

学べる内容は以下の通りです。

 

 

◆みずからを自動的に洗脳し、指数関数的に英語力を上昇させ、理想を手に入れるゲリラ的思考法とは?

 

→英語の勉強に限らず、何かに挑戦しようとしてみても、なかなか継続できなかったり成果が出なかったりするものです。しかし、「行動できない」「変われない」原因はあなたのせいではありません。最初のメルマガでは、あなたの潜在能力や性格を変え、最短で理想を手に入れるための9つのゲリラ的思考法を伝授します。この思考法を知り実践することによって、周りの誘惑に負けることなく自分の信じた道をひたむきに突き進むことができるようになるはずです。

 

◆行動を最大化する『すぐやる脳』の作り方とは?

 

→ゲリラ的思考法を手にした後は、行動力を爆上げするための『すぐやる脳』の作り方を、僕のストーリーを絡めて解説していきます。「行動できなかった自分」から「すぐに行動できるようになった自分」になるまでのビフォアー・アフターをイメージで知っていただくことによって、最速で勉強に取り組む体質を作り、成功までの距離をグンと短くしていきます。

 

◆強制的に成功体質になる6つの習慣とは?

 

→心理学の世界では『21日間の法則』という「21日間継続すれば習慣化するよ」という習慣化の法則があるのですが、今回はそれをさらに上回る極秘習慣術6選を紹介していきます。英語学習でもなんでもそうなのですが、新しい知識を手に入れ、自分のスキルをどんどん高めていきたいのであれば、習慣化というのは必須事項です。本気で理想を手に入れたければ、物事を習慣化させる技術は絶対に知っておいてください。逆に『物事の習慣化』ができている人は、ほぼ確実に成功します。

 

◆よくある勉強法に関する質問と答え、英会話学習アドバイス

 

→僕の受講生からよく、「受験英語の勉強はどうすればいいですか?」「リスニングをする時、『意味の理解』は必要ないんですか?」「早聴きって効果ありますか?」…などのような質問が多数きます。そこで、メール相談や対面でよくくる質問について、Q&A形式で配信していきます。1週間以上に渡って詳しく解説しているので、ここであなたの英語の悩みのほとんどが解消されるはずです。新しく頂いた質問に対しても、「これは皆必要だ!」と思ったものはどんどん追加していきます。

 

◆大人になってからバイリンガルになった人は、これまでどんな生活を送ってきてそうなったのか?

 

→僕は大人になってから英語を勉強し、今では英語圏に住んでても問題ないくらいの英語力をつけることができました。そして、僕の友人もまた、続々とネイティブ並みの英語力を独学によって手にしてきました。しかし、僕や僕の友人の話だけでは説得力に欠けるかもしれません。そこで、あなたもよく知っている人の例で「大人になってからでも英語力は身につく」という事実を科学的に理解してもらいます。

 

◆もう悩まなくていい!発音練習で悩んでいる人にぜひ実践してもらいたい、18個の発音矯正メソッドとは?

 

→なんども言いますが、英語学習の土台は『発音』です。そこで発音学習に挫折しないために念を押して18個のテクニックや武器を紹介します。メイン講座と掛け合わせることで、莫大な効果を発揮することができるでしょう。「発音の伸びが良くないな」と思ったらすかさず18個のメソッドを試してみてください。発音戦略を多角的に知り、学習の幅・選択肢を広げることによって『挫折』という害悪を排除していきます。

 

◆英会話学習を開始する際に絶対に心がけるべきマインドセットとは?

 

→言語に関与する脳の部位として、『ブローカ野』もしくは『ヴェルニッケ野』といった言語中枢組織が存在します。この2つの部位にはそれぞれ全く違った役割があるのですが、英会話を練習する際にこの役割をしっかり意識しないと、ほとんど英会話が身につかないどころか、むしろマイナスに作用してしまうことにもつながるのです。脳科学に基づいた、英会話力を一気にネイティブレベルにまで引き上げるためのマインドセットとは?

 

◆英文をじっくり読んで読解力を劇的に上げる非常識な精読術とは?

 

→もしあなたがTOEICなどで高得点を狙いたいと考え、ある程度読解力を上げたいと考えているのであれば、まずは英文をじっくり読んでみることをおすすめします。ここでは、初心者でも簡単にできる、英文をじっくり読んで読解力を劇的に上げる非常識な精読術をお伝えします。一般では全く語られていない内容なので、ここでしか手に入らない情報です。

 

◆発信力を爆発的に伸ばすために絶対に知ってて欲しい3つのライティング練習法とは?

 

→実は、スピーキングとライティングというのは、『発信力』という面では全く同じスキルです。ここでは、スピーキングが苦手な人に対して、まずは座学でもできるライティングの練習方法について紹介します。ライティング力が伸びていくと自ずとスピーキング力も身についていくので、発信面を鍛えたい方は必読です。

 

 

 

 

ほんの一部しか挙げていませんが、
このような内容を2ヶ月間配信していきます。

 

 

あなたの理解を確実なものにするため、

 

最初の35日間は英語学習で知っておくべき知識、
Q&Aについて述べ、

 

後半の27日で英語学習に対する取り組み方、
姿勢、マインドについて配信していきます。

 

 

2ヶ月間と言っても、
実際は書きたいことがたくさんあるので
もっと長くなるかもしれません。

 

 

英語の苦手意識を一気に吹き飛ばし、
英語そのものが好きになって、
最高に知的欲求が刺激される
2ヶ月間になっています。

 

 

このメール講座が目指すのは、

 

 

英語ができないことへの恐怖、
悩みを全て払拭する。

 

 

これが目標です。

 

 

だからこそ、英語学習がどんどんはかどっていきます。

 

 

最短で英語力を高めるためには必須のスキルですので、
メイン講座と合わせて消化してもらえれば
短期間で一気にレベルアップ間違いなしです。

 

 

<追加コンテンツ2>

L / R聴き分け

徹底トレーニング素材集

(PDF+音声)

 

二つ目の追加コンテンツでは、
日本人が最も苦手とする

LとRを聴き分けることに特化した特典です。

 

 

今まではLとRに特化した教材などは

どこにもありませんでした。

 

 

本でちょっと触れられていても

数ページということがほとんどです。

 

 

そこで、今回LとRだけを徹底練習できる教材を

ネイティブの協力のもと作成しました。

 

 

非売品ですのでここでしか入手できません。

 

 

なんと、

100の音声クリップで構成されています。

 

 

これをこなすと、

もうLとRの聴き分けで悩むことは

なくなるでしょう。

 

 

(注意)

 

この音声のリスニングは、

必ず今回の企画の方針に従って

ご利用ください。

 

 

学習の順番を間違って利用すると

効果が出ません。

 

 

音声クリップはMP3でのご提供です。

 

 

ご自分でスマホやパソコンなどに保存して

そのまま利用して頂くことができます。

 

 

テキストは

PDFファイルでのご提供です。

 

 

ご自由に印刷頂けます。

 

 

<追加コンテンツ3>

アニメ版字幕スクリプト+解説(PDF)

 

世の中には、
高尚な大学教授や予備校講師などがつづった
英語勉強法などが
本屋の棚のところに至るところに並んでいます。

 

 

これらの本を執筆されている方は
みんな素晴らしい肩書きです。

 

 

自らの実践から経験と卓越した理論で
素晴らしい勉強法が充実しています。

 

 

しかし、こういったお偉い先生の方々が
教えてくれない事実があります。

 

 

それは、
『アニメ』と『記憶』が
密接に関わっているということです。

 

 

アニメはドラマや実写映画と違って、
『異世界』設定を表現しやすい作りになっています。

 

 

人間の脳は、
非日常を体験すればするほど
エピソード記憶が強く刺激される
構造になっています。

 

 

・朝起きたら心と身体が入れ替わっていた
・空から正体不明の少女が降ってきた
・ある日突然魔法が使えるようになった

 

 

例えば、あなたの身の回りで
このような現象が
現実的に起きたとしましょう。

 

 

1日後、あなたはそれを忘れていられますか?

 

 

絶対にそんなことはないはずです。

 

 

なぜならそれは
普通現実ではありえない
『非日常的』な体験だからです。

 

 

これくらい
『非日常』に対する
エピソード記憶は強い威力があります。

 

 

今回は、
このエピソード記憶を最速で利用するために、

 

あらかじめアニメのスクリプトと
スクリプトの解説を用意したコンテンツを
お渡しします。

 

 

スクリプト自体は

ネット検索でも手に入ったりしますが、

 

解説付きのスクリプトは

絶対にここでしか手に入らないものです。

 

 

今回は、

約12話程度で構成されているものを選び、
短すぎず長すぎない作品を

取り入れているので、

 

初心者〜中級者にとっては
おすすめの学習教材となっています。

 

 

海外版のアニメ入手方法は
メイン講座で解説していますので、
そちらを参考にしてみてください。

 

 

また、

他のアニメのスクリプトや解説も
この講座の参加者には

随時配信していく予定です。

 

 

アニメで起きた
『異世界』を表現した情報に対する記憶力は
相当なものになるでしょう。

 

 

そんなことを
高尚な大学教授が教壇で生徒に教えるわけにもいかず、
文部省も『アニメ』を
積極的に推奨できるわけもありません。

 

 

これは決してお偉い大学教授などが
教えてくれないことなのです。

 

 

<追加コンテンツ4>

ネイティブ同士の生英会話音声

+

スクリプトと解説

 

(音声+PDF)

 

4つ目の追加コンテンツでは

英会話書店には売っていない

生きた会話が聞ける音声の特典

をつけました。

 

 

実際に隠し撮りをしているので、

教材やテレビと違い、マイクを意識しない

ネイティブの本当の

「生きた会話」を聞くことができます。

 

 

実はこれを特典にするなんてやめて下さい・・・

と、ある英語教材販売会社に勤める人に

頼まれたものです。

 

 

なぜならこんな教材、日本には皆無で、

本来は教材とするのも本当に難しいからです。

 

 

そしていざ録音が終わって

ネイティブに公開を依頼した時は

激しい抵抗にあいました。

 

(あなたが知人のゴシップを話している様子を録音され、 それをその知人に 知らせた上で、世間に公開されると思えば、彼らの抵抗もわかると思います。)

 

 

「こんなのを特典にするなんて

 どうかしています。

 ちょっとやめてください、、!」

 

 

教材販売員にそう言わせた、この特典。

あなたも手にいれたくありませんか?

 

 

特典の中身は次の通りです。

 

 

 

【生英会話の内容の一部】

 

音声約30分

スクリプト21ページ

解説45ページ

 

20代の姉と弟が、休暇で実家で久しぶりに顔を合わせた時の朝食時のひとこまです。同年代だからこその会話、姉弟という近い関係だからこその会話から、是非「本当の日常英語」を学んで下さい。誰も聞いてないと思っているから、そんな話まで・・・聞くことができちゃいます、、、。

 

 

 

(注意)音声はすべてMP3ファイルでのご提供です。もちろんスマホやパソコンなどからそのまま聴いて頂けます。解説やスクリプトはPDFファイルでのご提供です。

 

 

 

この英会話素材を用いて、

 

内角が苦手なバッターは

ひたすら内角打ちに徹するように、

 

ディクテーションで

聞き取れなかった音に対して

ひたすらシャドーイングをしたり、

 

 

精聴や多聴をしまくって

真のリスニング力を

鍛えることができます。

 

 

しかし、現実問題、

このような教材は

この世にどこにも存在しません。

 

 

ネイティブの

本当の日常英会話が学べる教材は

この企画でしか

手に入らないと確信しています。

 

 

これらの音声を

iTune上やClip boxに埋め込めば

移動中もリスニングや

シャドーイングをすることが可能です。

 

 

スマホとイヤホンを使って

ぜひここで生きた英語感覚を

身につけてください。

以上が4種の

語学追加専門講座です。

 

かなり専門的かつ具体的な部分まで網羅しているので

いざ英語を勉強するときにも

迷うことがなくなるでしょう。

 

 

・・・そして、IEAがあなたを本気で成功に導く

オールインワン講座であることを

理解してもらえたと思います。

 

 

ぜひ4種のコンテンツを有効活用し、

語学学習を圧倒的に有利に進めてください。

 

 

 

 

僕は、日本では常識とされる英語勉強法を信じて
英語学習に励んできましたが、

 

8年間勉強を続けても

全く英語が話せるようにならなかったし、

TOEICでも平均以下の成果しか
出せなかった人間です。

 

 

だからこそ英語の勉強法自体が
間違っているということに気づくことができ、
英語の勉強法教材に10万以上費やしたしたり、

 

50万円の大学教授の

セミナーに出席したりなどもしてみました。

 

 

そうやって色々と試行錯誤を繰り返した結果、
確かに理屈が通った勉強法を
発見することができました。

 

 

その勉強法とは、

『第二言語習得論』

という学術論をベースに作られた、

超本質的な勉強法です。

 

 

僕はその勉強法に基づいて勉強を続けた結果、
わずか1年でTOEIC955までスコアを伸ばすことができました。

 

 

この方法は個人的に
ものすごいものだと思ったのですが、

自分だけが成功したところで

 

「他人にも当てはまるわけではない」

 

と考え、実際に他の人にもやらせてみせました。

 

 

するとその結果、

わずか3ヶ月で英語のリスニングが

スラスラ聞き取れるようになり、

 

TOEICスコアも370→650点にまで伸ばしていってくれたのです。

 

 

僕の勉強法の流れは至ってシンプルで、

『発音・リスニング』

『英語脳』

『英会話』

といった3段階を経て学習を

進めていきます。

 

 

今回はその中の1つである

『英語脳』を中心とした講座です。

 

 

この講座は、

僕がこれまでに経験してきた勉強法以外にも、

僕のメンターの方や大学教授などと

ディスカッションを行い、

 

一般の人でも挫折しないような手法を確立しています。

 

 

僕は社会人2年目の頃に

英語力を伸ばすことができましたが、

会社員を経験している以上、

会社での忙しさもよく理解しています。

 

 

特に僕のようなメーカー系の企業は

平日は出社時よりも1時間早い8時から業務を始め、

忙しい時は夜の9時半まで残業をすることも多かったです。

 

 

そこから家に帰って勉強しようと思っても、

明日の会社のことで頭がいっぱいになり

英語のことなんて考えることすらできないこともありました。

 

 

そんな忙しい会社員でも、

楽しくスムーズに英語力を伸ばせられるよう、

 

色々と工夫を凝らして、

より早く確実に成果を出してもらえるような

効率性を重視した講座を作り上げました。

 

 

本講座の内容を積極的に脳にインプットし、
合わせて豪華特典を併用することで

あなたの英語力は

2段も3段もグレードアップしていきます。

 

 

ただし、今回の特典に関しては
先行者30名限定となっていますので、

 

この先、
もっともっと成功を加速させたい人は
早めの参加をお勧めします。

 

 

最速で英語を習得するためにも
ぜひネイティブの英語に触れていき、

本物の英語脳を培っていきましょう。

 

 

 

 

あなたがこのIEAに参加する
メリットを列挙すると、

 

 

 

これから英語力を最短で引き上げるための最先端情報を入手することができ、海外経験のない日本人がどのように語学を学んでいけば良いかが詳細に分かります・英語学習の要所を理解し、自己流の勉強法から脱却することができます・4技能を楽しく同時に磨く勉強法が詰め込まれているため、英語経験0の状態でも一切挫折せずに英語力を伸ばすことができます

 

・ネイティブに通用する英語スキルが指数関数的に伸びていき、道端で外国人を発見したら声をかけたくてたまらなくなってしまいます

 

・これまでになり最速の学習スピードを手に入れ、今まで何ヶ月もかかっていた勉強がたった数日で終えられるようになります

 

一生続けられる超楽しい語学勉強法が知れるので、英語が一気に楽しくなり、英語力が伸びると確信しながら1人でもどこでも勉強できるようになります

 

不要な時間を徹底的に排除していく仕組みなので、英語スキルを最速最短でアップさせることができます

 

今まで全く歯が立たなかったどんな超長文でもスラスラと読みこなすことができるようになり、どれだけネイティブが高速で話していても、勝手に脳が理解するようになります

 

言い訳をする自分から脱却でき、気づいたら勝手に英語学習に励めるようになります

 

今まで誰にも教えてくれなかった英語の本質について知ることができます。お偉い先生や大学教授ですら教えてくれない語学戦略を知ることで、圧倒的なコミュニケーション力を身につけることができます

 

英語ができるようになるまでの必要時間の目安を知ることができ、ゴールを明確に見据えながら安心して語学学習に励めるようになります

 

集中力を高め、気づけば何時間も経過していたと感じてしまうくらい、英語学習のことだけにフォーカスできる自分になれます

 

・頭の中では常に英語を考えてしまうぐらい中毒性のある勉強法なので、集中力では誰にも負けることのない、圧倒的なの勉強量を確保できるようになります

 

・TOEICなどの試験前でもネガティブな気持ちになることがなくなり、いつも前向きで本気になって英語学習に取り組むことができるようになります

 

最新の脳科学に基づいた理論に基づいて学習を行うので、これまでとは全く異なった結果を手に入れることができます

 

今までずっと手が出なかった超長文にも堂々と挑むことができるようになります。ネイティブと同じ英語感覚が身につくので、TOEIC程度の試験なんて大したことないと思えるようになるでしょう

 

・どんな形態の英文にも即座に対応できる力が身につきます。全く見たことない英文ですら、正しい実用英語を身につけているので慌てることがありません

 

・暗記の効率が圧倒的に高まります。100%挫折しない最強のエピソード暗記により、確実に短期間で大量の知識を脳内にインプットできます

 

・語学に対する勇気が湧きます。最悪の環境、最悪の状態から逆転してきた様々な成功者の本質学習メソッドを学ぶことで、もう一度本気になって取り組んでみようと言う気持ちが奮い立ちます

 

英語に対する視点が変わり、毎日の行動量が圧倒的に上昇します。根本的な自分自身の問題を瞬時に解決することができるので、行動できないと悔やむ必要がなくなります

 

あなたがこれまで語学に本気になれなかった理由が明らかになります。なぜ行動できないのか?どうすればもっと望んだ勉強量をこなせるようになるのか?その具体的解決策が理解できるようになります

 

・グローバルな英語スキルが手に入るので、あれほど嫌だった英語が、信じられないくらいに大好きになります

 

・好きになるからどんどん英語学習に取り組むことができ、話せるフレーズがみるみる増えていき、英語がもっと好きになるという英語スキル上昇への正のスパイラルに入ることができます

 

・海外の洋画やニュースが鮮明に聞き取れるようになり、海外の生活に憧れを抱くようになります

 

・TOEICだけでなく、実社会に役に立つ本物の英語運用能力が身につき、最強の資格を手にしながら世界中を優雅に渡り歩くことができるようになります

 

・非常識な勉強法を知ることで、夢にまでみた海外生活と国際社会で活躍するエリートビジネスマンの切符を手に入れることができます

 

英語が全くできない日本において、他人よりも1歩抜きんでたスキルを持ちながら人生をスタートさせるられるので、あなたが先頭を走って成長していきながら、後発組の仲間引っ張ってあげて、仲間とともに素晴らしい社会人経験を積んでいくことで、理想とした最高の人生を送れるようになります

 

 

といったようなことが

もれなく全て実現できるようになります。

 

 

なんだかワクワクしてきましたよね。

 

 

Infinite English Academyの

参加費について話します

 

 

あなたは
『Infinite English Academy』
どのくらいの価値を感じたでしょうか?

 

 

IEAを学ぶことで、
得られる未来を想像してみてください。

 

 

◆英語習得までの最短ルートが明確に分かる
◆TOEICスコアが2ヶ月で大幅アップし、

 ワンランク上の企業に就職
◆外国人ともストレスなく会話できる
◆周りの日本人からの評価がガラッと変わる
◆言いたいことがパッと英語で口から出てくる
◆勉強の法則を知り、何を学んでも習得がはやくなる
◆好きな人の前でカッコよく英会話ができるようになる
…etc

 

 

通常、これらを手に入れるには
5年以上海外に長期滞在するしかありません。

 

 

しかし、
5年以上も海外に長期滞在する時間の余裕は
あなたにはありあませんよね?

 

 

僕の知り合いで、

 

1年間カナダに留学して、
英語がある程度上手くなって
帰ってきた人がいます。

 

 

でも、その人は人生80年の中の1年間、
語学のために費やしてしまいました。

 

 

日本でのキャリアも1年送らせざるえなく、
同期の仲間たちは自分より一年先を行っています。

 

 

さらに、金銭の面でも
400万円もの大金を支払いました。

 

 

つまり、

 

・人生のうちの1年間
・400万円

 

を失って、

そこそこの日常会話レベルの
英語力を手にしたのです。

 

 

しかし、
何の戦略もなしにたった1年留学するだけでは、
ネイティブと同等の
コミュニケーションはできるようになりません。

 

 

留学というのは、
ネイティブばかりの世界に飛び込むことです。

 

 

ネイティブは、

生まれた時から英語で囲まれ英語で生活し、
英語で教育も受けている、
スポーツでいうと『プロの世界』です。

 

 

例えば、
あなたがプロ野球選手になりたいとして、
毎日プロ野球の試合に参加したら
野球が上手くなりますか?

 

 

なりませんよね。

 

 

相手が「こいつは素人だ」と思って
手加減してくれれば別ですが、
普通は全く打てないし、
投げられないし、走れないでしょう。

 

 

そんなことよりまず怪我をします。

 

 

つまり、
素人が留学を選択するという選択肢は
あまりにもコスパが悪いんです。

 

 

留学をするぐらいなら
もっと英語上達までのルールとプロセスを知り、

 

具体的にどういう手順で

英語を学んでいけばいいかを
知って勉強したほうが、よっぽど高効率です。

 

 

今回のIEAでは、
語学習得までのプロセスの集大成
全て包み隠さずお話ししています。

 

 

1年間の留学以上の効果を
短時間で得られることは間違いありません。

 

 

つまり、
『1年間と400万円』を超える成果を
2ヶ月で出せるほどの威力を持った講座です。

 

 

「そんなのありえなくない?…」

 

 

あなたが、そう思うのも無理ないでしょう。

 

 

普通に考えたらありえないです。

 

 

でも、
実際に質の悪い無駄な勉強をしている人たちは
たくさんいるわけなので、

 

質の高い勉強だけをすれば、
たった2ヶ月で成果を出すことも
可能になります。

 

 

現に僕の生徒さんで2ヶ月で
英語力がグンと伸びた人はたくさんいます。

 

 

なぜそれが可能かというと、その裏には
今までの僕の経験と研究の成果が
全て詰まっているからです。

 

 

◆僕が4年以上かけて研究し尽くした英語学習の法則
◆英語に対して行った100万円を超える投資
◆3年間かけて培った、英語講師としての指導スキル
◆英語が上手くなる原理とプロセスを徹底的に追求
◆同志社で脳科学を学んでわかったシステム化の本質

…etc

 

 

正直、僕は勉強に対して
人の何倍もの研究をしてきたと思っています。

 

 

努力も、かけた時間も人の10倍あると
自負しています。

 

 

だからこそ、
TOEICで900点までたどり着けたり、
上場企業に就職できたし、
英語を教えられる立場にまでなれました。

 

 

その結果、
たった2ヶ月で400万かかる
1年間の留学以上の成果を出す方法
を開発することができたんです。

 

 

それがIEAですが、
もちろん留学のように300万も400万も
いただくわけにはいきません。

 

 

僕は、

表面だけの効果のない英語学習法に
惑わされる人たちの努力が報われれば
と思って作った講座です。

 

 

かといって、
安売りするつもりもありません。

 

 

僕の4年間の努力の結晶がつまってるし、
現に英語教室に来てくれる生徒さんは
安くない授業料を払って英語を学びに来ています。

 

 

2ヶ月なら50万が妥当な受講料です。

 

 

ですが、今回の講座は

オンラインであることを考え、

 

 

IEAの参加費は
216,000円とします。

 

 

これが高い金額か、

安い金額かはご判断にお任せします。

 

 

しかし、

 

 

◆たった2ヶ月で圧倒的に

 英語力を爆上げする『効率化』の戦略

 

◆ネイティブと同等の

 英語力を手に入れるまでの道のりが明確になる

 

◆TOEICの点数を軽々100点あげる英語の法則

 

◆外国人と話しても

 口から言いたいことが英語であふれてくる

 

◆本来最低でも

『400万と1年間』かかる英語のスキル

 

◆もうこれ以上無駄な

 英語教材を買い漁る必要がなくなる

 

◆英語以外の分野も

「最低限で最大の効果」を出す方法を知れる

 

 

上記のメリットが得られることを考えれば、
IEAは十分価格以上の価値はある、
むしろ安すぎるくらいだと僕は考えています。

 

 

IEAによって
あなたの時間は冗談抜きで1000時間は浮きますし、
本来だったら

留学などに使うはずだったお金も浮きます。

 

 

短期間できっちりと英語をマスターし、
それ以降は何もしなくても
『英語ができる人』

として堂々といきていける。

 

 

言語から解放された自由な人生を
手に入れていただければ幸いです。

 

 

もしこの金額が高すぎると感じるなら、
無理に参加していただく必要はありません。

 

 

おそらくそういう人には、
このサービスは必要ないということです。

 

 

ぜひ別のもっと安価な方法を探すか、
これまで通りの方法で
頑張っていただければと思います。

 

 

でも、もしあなたが今の英語力に不満を感じていて、
できるだけ早く英語力を手に入れたいなら、
ぜひ勇気を出して行動してください。

 

 

何も行動しなければ、
今のままのあなたの人生が過ぎていきます。

 

 

英語を一生追い続けるか、
諦めるしか選択肢はありません。

 

 

でも、行動さえすれば、
英語を習得するのは遠い未来の話ではありません。

 

 

数ヶ月後には、
今とは全然違うレベルに達しているでしょう。

 

 

人生がまるごと変わるほどの衝撃です。
今のあなたの行動が、その明暗を分けるのです。

 

 

 

⇨IEAに参加する(カード)

 

⇨IEAに参加する(銀行振込)

 

 

 

感想を紹介します

 

 

IEAとして募集するのは初ですが、

 

約一年前に
『英語自動化の法則』
という動画講座の企画を募集した事があります。

 

 

ここでの評判がすごく良かったので、
自信を持ってIEA
リリースする事ができました。

 

 

参加を迷っているのであれば、ぜひ
客観的な意見も参考にしてみてください。

 

 

感想1

 

コンテンツが細かく設けられており、的確な指導の元で進められるのだと思うとワクワクしてきました♪先ずはじっくり視聴てみて、1つ1つ丁寧に実践していきます。タカツさんの勉強法を実践していく過程が楽しみです!

 

 

感想2

 

買って良かったです!世界が広がりました!最初のところまではしっかり視聴してたんですが、後半からちょっと話が進みすぎてる感があったので申し訳ないんですがとりあえず適当に見てました(笑)

でも見ている感じ、本当にその通りだと思います。こういうことを思いつけて、それが正しいかしっかり判断できるタカツさんの頭がとっても羨ましいです。他の資格とかの勉強法もすぐコツつかめる人なんだろうなぁと勝手に想像しちゃってます。

発音学習も一通り軽くやってみました!今まで学校で習った説明はものすごく曖昧だったなぁと思いました。そして僕でも訓練すれば話せるようになると思えてきちゃいました。でもそれまでの訓練はやっぱり大変ですよ。

買ってすぐ話せるようになるような秘密の裏技本みたいなものではありません。ですが、それでも最短距離で本物の英語を身につけるまでのみちしるべの教材だと思います。なんかまだしっかり視聴していないのに生意気なこと言ってすみません。とにかくタカツさんありがとうございました!

 

 

感想3

 

ようやく一通り見終わりました。この講座を購入した動機は、これまで自分で探し得た断片的な情報をパズルのように組み合わせてどれだけ合致しているのか自分は基礎的なことをどれだけ理解できているのかの確認の意味も込めて購入しました。入り口から出口までの道筋を的確にまとめてくださってるおかげで、脳内の断片的な部分が繋がったように思います。また、型に当てはめるだけというのも中々私の興味を引いたのでフローチャートの図を購入前に何が当てはまるのか大体予想していました。リスニングの学習手順と、英語脳の中身(どういう順路で勉強して行くのが効果的か?)は欲しかった情報でした。具体的に教えてくれて分かりやすかったです。

 

 

感想4

 

理工学部出身だけあって、人間の脳と英語脳ができる過程などを結びつけて説明してくれて非常に勉強になりました!私も、すでにTOEIC900点はありますが、発音を理解することやリテンションの重要性については、共感しました。また、自分の勉強方法を考え直して、ネイティブ同等の英語力を身につけていくことが今後の目標です。自分自身も留学経験があり、その時、移住者に言葉を学ぶことはその土地の文化も学ぶことなんだと言われた経験があり、タカツさんも同じようなことを言っており、単に英語を勉強をするだけに留まらないと、再認識しました。初めて知ったことは、〇〇をよくする練習法で〇〇して覚える方法は新鮮でした。ぜひ、実践してみようと思っています!今、英語を勉強していても行き詰まってきているので、良いきっかけとなりました!!

 

 

感想5

 

じっくり時間をかけて拝見しました。
すごいいろんな本を読まれて研究されたのが分かって説得力があり、うんうんとうなずきながら視聴していました。私は中学の時から英語の勉強が好きで、一番得意な科目でした。今は大学に通っていますが将来は留学して英語でご飯が食べられるくらいになりたいとまで考えています。「え?!日本人?」て思われるくらいネイティブスピーカーになりたいとずっと思っていて周囲にも公言していましたが、実際に慣れるにはどうすればよいのか、果たして慣れるのだろうかと内心悩んでいたこともありました。なので、今回この企画と出会ってネイティブ並みの英語力を身につけるのは大人になってからでも可能であることが科学的に説明されていて、とても嬉しくてこれからも英語頑張ろうと思えました♪

 

 

感想6

 

この度、もっと色々な国の人と交流を持って人生を楽しめたらという考えから購入させていただきました!早速、これから動画の内容通りに順を追って、チャレンジしていきたいと思います!内容について、これを見れば「そうかぁ!」と納得。でも見ないと一生気がつかないと思います。今まで受けてきた英語教育?や氾濫する情報によって、どのように進めて行けばよいのか、学習の方法を見失っていたと思います。それをこの教材が整理、指南してくれました!!近い将来、自分がスラスラと会話している場面をイメージして日々努力していきたいと思います!

 

 

感想7

 

仕事と育児と家族の営みの合間を縫って、毎日少しずつ英語を勉強しています。勉強手順から文化の発想法に至るまでの丁寧な内容を、興味深く拝見しました。英語の教材が玉石混交であまた溢れる中、リスニング・リーディング・スピーキングといった分野別ごとに、よい教材・スクールを探し出す時間・労力・費用を考えれば、タカツさんの勉強法は非常にコストパフォーマンスに優れていると思います。ご多忙のことと思いますが、これからも英語学習者にとってよい道しるべを生み出してください!

 

 

感想8

 

すみませんが正直にお伝えします。各項目共に量が多く、それでいて分かりやすい動画だったので改めてタカツ様の企画に参加させて頂けて良かったです!!いち早く知識を蓄えて、実践に移したいと思います。

 

 

感想9

 

書店では販売しないでください!どうしてもするので完全密封でお願いします。これだけ価値のあるものを一般公開されては困ります。簡単には教えられない秘密が盛りだくさんなので、ライバルにも知れ渡って欲しくないです。これだけ読者に親切に対応していただいて感謝です。これからもよろしくお願いします!

 

 

感想10

 

これでこの価格は安いと思うので、企画していただいてありがとうございます。
まだコンテンツの半分程度しか見れていませんが、内容はどれもためになる素晴らしいものでした。特にネイティブの音声変化の脱落と連結は早めにマスターしておきたいものです。もちろんゆくゆくは全てマスターしていきます。becauseの”be”が発音されなかったりするのはかなり驚きでした。who wouldの発音も最初は全然聞き取れなかったのですが、音声変化を丁寧に学び、楽しく〇〇をすることで、少しずつですが聞き取れるようになりリスニングの反射神経も上がってきています。コンテンツは繰り返し聞いてしっかりと身につけていきます。
具体的で、疑問だ出そうなところもメルマガを読めば解決できるようになっていて、本当に「学べる教材」となっているなと思いました。コンテンツ量もかなりあるので、非常に安いなと思える値段でした!その知識、ノウハウも現代のものだったので、実用性、応用性が高いなと思いました。英語脳の勉強法でも今まで知らなかった内容がたくさんあったので、本当に良い教材だなと思いました!勉強量に圧倒されないように、全てを確実に身につけたいと思います!本当に公開してくださり、ありがとうございます!!

 

 

感想11

 

説明が丁寧で、噛み砕いて教えてくださり、初心者の自分でもとても分かりやすいです。ありがたいです。ザッとですが、英語脳の構築方法の部分なんかはかなり勉強になりました。まだ中学生ですが、学校の勉強にも活用していきます。

 

 

感想12

 

△△を大変興味深く拝見させていただきました。
実は、私、学生時代に言語学を専攻しており、当時から、「言語は現象を切り取るものであり、その切り取り方は母語の体系による」と考えておりました。虹を例に挙げてみると、「虹は何色の色があるか?」と日本人にしてみると、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の7色であるという答えがすぐに返ってきますが、これは絶対普遍的なことではなく、国(地域)によっては5色、6色、7色と様々な答えが返ってくるそうです。虹というものは、雨上がりのときなどに、空中に浮遊する細かい水の粒子が、プリズムの働きをして太陽光線を分光して、波長の長い赤から最も短い紫まで、少しずつ色の違う光線が連続的に展開しているのであり、このように物理的には連続して存在する対象を文節するのは、人間の思考(言語=母語)に他ならないと考えて参りました。
(略)
前置きが長くなりましたが、私もタカツさんが、特に重要であるとされている「翻訳をしては行けない」ということは全くその通りであると思います。現在、私は仕事(会社員)と家事と育児に追われ、英語を勉強する時間は深夜しかないのですが、今度こそ本当の英語力を身につけるべく、タカツさんの推奨されている勉強手順に従って実践していきたいと思います。

 

 

感想13

 

私は1年程前から本格的に英語を勉強し始めました。リスニングは以前よりはできるようになったと思いますが、ネイティブが話すスピードの英語はまだ聞き取ることができません。就職に備えて英語力を強化したいのと、ネイティブとスムーズに英会話をしてみたいという気持ちから何か良い英語教材はないかと探していました。そんな時、偶然見つけたのが先生の△△だったのです。正直、最初は半信半疑でしたが勇気を出して購入してみました。購入後は、あっという間に1日で視聴し終えていました。そして、非常にわかりやすく、明確で、筋が通っているこの勉強法に強く共感しました。今、買ってよかったと心から思っています!先生の勉強法をこれから実践していきますが、どれだけ向上できるのかが楽しみです。頑張ります!!!

 

 

感想14

 

率直な感想として、今回のこの講座のノウハウは、まさに目からウロコ、驚きの連続でした!そして、なぜ、英会話を聞き取れず、スムーズに話せないのか、その理由をハッキリと納得しました。それはまさに青天の霹靂、天空の一面を覆っている厚い雲が一気にサーッと晴れたような感覚です。今回のような企画を開いてくださり、本当にありがとうございました!!

 

 

よくある質問

 

Q1:返金保証はついていますか?

 

半年以上実践しても効果が出ない場合は、
全額返金させてもらいます。

 

 

参加者全員には
成果を出してもらいたいと思っているので、
もし成果が出なかった場合は
私のメールにてご連絡ください。

 

 

ただし、明らかに勉強法を
実践していないという場合も
あるかもしれないので、

 

以下の条件を満たした人のみに
限らせていただきます。

 

 

【返金条件】

 

①メイン企画のコンテンツ全てに目を通り、解説通りに実践したにもかかわらず、何も得られるものがない

 

②半年間実践してみて、TOEICスコアに全く変化が見られない

 

 

2つの条件を両方満たした人は、

 

【Infinite English Academy】
の学習進度が分かるものと、
半年前後のTOEICスコア表を送付して

 

メールもしくはお問い合わせにて
返金をご要請ください。

 

 

それらを統計して
こちらが指導不足だと判断した場合、
1週間以内に指定の口座へ
お振込いたします。

 

 

返金保障期間は、実践後の半年間
(例えば2020年1月1日に参加した場合、
2020年7月1日〜2020年12月31日まで)
です。

 

 

あなたにリスクなく
英語力をアップしてもらいたい気持ちから
返金期間を長めに設定しています。

 

(※一度返金保障を利用すると、再入会はできません)

 

 

Q2:まったくの初心者ですが大丈夫ですか?

 

大丈夫です。

 

むしろ、初心者の方が溢れている表面的な勉強法が染み付いていないので、スムーズに講座の内容を実践できると思います。

 

 

IEAでは、
まったく0から始める初心者でも、
「英語力が上がる原理」から
丁寧にわかりやすく解説しています。

 

 

IEAでは、
英語初心者でも再現できるよう
段階別にノウハウを解説しています。

 

 

英語は積み上げた時間の勝負ではありません。

 

 

しっかりしたやり方で勉強すれば
短時間で周りを
一気にごぼう抜きすることも可能です。

 

 

たとえあなたが
知識ゼロの状態からのスタートであっても、
無理せずステップアップしいけます。

 

 

安心して講座に参加してください。

 

 

Q3:1日どれくらいの勉強量が要りますか?

 

1日30分からでも可能です。

 

 

繰り返しになりますが、英語はかけた時間が大事なのではありません。

 

 

ゴールまでの戦略を練って、それに従って勉強していくのが大事です。

 

 

どういう勉強法が一番効率よくゴールを達成できるかは僕が講座内でお伝えするので、
1日30分でも、続ければ十分に短期間で英語を習得することができます。

 

 

Q4:忙しくて勉強時間があまり取れないのですが、大丈夫ですか?

 

僕の勉強法での英語学習は積み重ねが効きます。

 

 

そして今回は特に忙しい人に向けての
勉強法を意識しました。

 

 

継続して実践していれば
1日1日の時間が短くても全く問題ありません。

 

 

たとえ1時間しか実践していなかったとしても、
半年続ければ180時間です。

 

 

十分英語力を伸ばす時間は確保できます。

 

 

Q5:結果が出るまでどのくらいかかりますか?

 

始めた時の段階や使える時間は人それぞれなので、一概には言えません。

 

 

早ければ1ヶ月でTOEICが200点あげる人もいます。(やる気がある場合です。)

 

 

事実、僕自身は3ヶ月ほどでTOEIC400点レベルから650点を超えるまでになりましたが、今回はさらに僕が使っていた勉強法をより効率的なものにアップグレードさせています。

 

 

本当にまったくのゼロから挑戦でも2、3ヶ月あれば間違いなく成果が見えてくるはずです。

 

 

この講座の内容を継続して実践している人で英語が上達しないということはありません。

 

 

正しく行動すれば、ゆっくりでも4、5ヶ月後には望む結果を得られるでしょう。

 

 

Q6:TOEICに応用できますか?

 

もちろんです。

 

 

本質的な英語ノウハウを喋っているので、
僕の勉強法を実践すれば、
新形式になろうが、

 

安定して高得点を取ることができるようになります。

 

 

ただし、TOEIC専用の講座ではないため
TOEICにのみ興味がありスコアを最短で伸ばすことが目的の人は
この講座には参加しない方が無難でしょう。

 

 

Q7:講義についていけるか不安ですが、大丈夫ですか?

 

誰でも理解できるように設計していますので、大丈夫です。

 

 

この講座はオンライン上のものであり、
参加者さんの声を反映して何度も改良を重ねています。

 

 

英語初心者の方から中級者の方まで、様々な方に対応しておりますので、「理解できない」という問題は起きないと思います。

 

 

動画という性質をうまく利用して、
理解が足りない部分を何回も聞く、ということもできます。

 

 

そして今回の企画は何よりも楽しんで
語学ができるというのが魅力です。

 

 

絶対に挫折しない仕組みが構築されているので
安心して講義に参加してみてください。

 

 

Q8:前回開催したEnglish Hacksの企画とは何が違うのですか?

 

前回の企画では英語学習の戦略について
僕の体験談をもとに
テキストを使って解説しました。

 

 

それに対し今回の企画は、
僕が今まで辿ってきた学習手順以外にも、

 

語学の成功者の
多くの勉強法などをピックアップして
大学の専門家と一緒に分析し、
改良したものです。

 

 

他人にも教えてきて
効果のあった勉強法のみを動画で公開し、

 

つまずくことなくスムーズに
あなたの理想とする目的地まで
目指して頂きます。

 

 

テキストよりも動画の方が
伝わる情報量は5000倍高いと言われており、

 

動画を見ることで
僕の思考法が正しくインストールされ、
最短で結果が出るものだと確信しています。

 

 

Q9:ネット(オンライン)で学習したことがないのですが、大丈夫ですか?

 

 

ご安心ください。

 

 

ネットで学ぶのは、
対面授業よりも数々のメリットがあります。

 

 

まず、
参加者のフィードバックを反映できるので、
常に中身を改善できるということです。

 

 

IEAのコンテンツは、
時間を経て常に進化していきます。

 

 

さらに、ネットで学べると、
電車移動や徒歩移動、
休憩時間などのちょっとした時間で
学べるようになります。

 

 

オンライン学習は、対面の週一授業よりも圧倒的に英語力を加速させます。

 

 

Q10:個別サポートはついていますか?

 

個別サポートはついていません。

 

 

その代わり、
誰が読んでも結果が出るようなマニュアルであると自負し、
好評もいただいています。

 

 

もし分からないことなどがあれば、
専用のメールアドレスからご連絡いただければ、
ご対応いたします。
(質問にはなるべく早く返答しますが、
最長で3日ほどかかることがございます)

 

 

Q11:実践するにあたって、講座の代金以外に必要ですか?

 

198,000円で全てのコンテンツを受け取れます。(一括の場合)

 

 

追加で費用をいただくといったことは
絶対にありませんのでご安心ください。

 

 

Q12:月額制ですか?

 

当講座は月額制ではありません。

 

 

始めにお支払いして頂いた費用だけで、
全てのコンテンツを無制限にご覧いただけます。

 

 

Q13:配信期間が過ぎたら、コンテンツは見れなくなりますか?

 

いえ、全てのコンテンツが配信された後、
無制限に見れるようになっています。

 

 

後になっていつでも復習することも可能ですので、たとえ1年後になっても学んでいただくことが可能です。(とはいえ、1年後にはもう英語学習が必要なくなっているかもしれませんが、、。)

 

 

Q14:スマホでの参加は出来ますか?

 

Androidでもiphoneでも参加が出来ます。

 

 

出先でもスマホでサクッと勉強できるので、ご自身の予定に合わせて学習することができます。

 

 

Q15:参加したいのですが、どうすればいいですか?

 

このページ最下部のボタンから支払う方法に従って、申し込みフォームへ移動し、支払いを完了させてください。

 

 

支払い方法はすべて安全性を保つため外部機関に委託しています。

 

 

Q16:他の英語の講座と比べてどこが違いますか?

 

アプローチが全く違います。

 

 

英語教室などの講座は、講師がマニュアル通りにやっているものがほとんどです。

 

 

そうした講座は、目先の知識を教えるだけで、
いつ英語学習が完了するかなんて考えていません。

 

 

しかし、IEAでは、

 

言語習得論や僕の指導経験、
英語学習を円滑にするための
フレームワークなどを用いて

 

『効率』に特化して
計算されている勉強法を教えています。

 

 

ありきたりの勉強法と違いすぎるので、
よく『裏技』といわれています。

 

 

実際にすばやく結果が出ていて、
再現性のある勉強法です。

 

最後に

 

 

IEAは、
僕がこれまで辿ってきた勉強プロセスと
成功者たちの体験談を一度抽象化して

 

誰にでも再現可能な学習フローを作り出し、
それをパターンとして落とし込み、

 

一切挫折せずに楽しんで勉強ができる
サービスとなっています。

 

 

スムーズに

 

P(発音)

L(英語脳)

C(英会話)

 

に移行して最短で結果を出してもらうため、
一切の出し惜しみなく
あなたに伝授していきます。

 

 

このページを読んで、
値段以上の価値があると感じたあなただけに
僕がこれまで積み上げて来た全ての経験、
知識をお譲りしていきます。

 

 

これらがあれば、
成功までの確実な近道・道しるべとなるはずです。

 

 

しかし、まだ決断しきれないのであれば、
あなたは金銭面ではない部分で
迷っているのかもしれません。

 

 

こうやって、
できるようになっていった人々の声を聞き、
さらにこの講義で語られている内容を聞いても、

 

「私にもできるのかなあ・・・」
「あまり英語の成績良くなかったし」
「俺、忙しいしなあ」

 

と思っているかもしれません。

 

 

しかし、僕は、
「あなたにもできる」
と信じています。

 

 

最後にその理由を3つ、
お伝えしましょう。

 

 

❶:僕が全く英語ができない人間だったということ。

 

今の僕の英語力を知っている人からは


全く信じてもらえないのですが、


僕は全く英語ができなかったのです。




 

苦手で、毛嫌いしていました。




 

学校の先生が


「ここのbe動詞がなんとか・・・」


と説明しているのを隣の席の女の子に



 

「B同士って言ってるけど、
 

 Bなんてひとつもないやん?」

 



と言って(こっちは真剣に聞いているのに)


下手な冗談を言うという


白けた目で見られた人間です。

 

 




親族の家に同年ぐらいのイギリス人が泊まりに日、


彼の観光案内をするも、


全く英語が話せずに


案内を断られた経験だってあります。




 

 

そんな僕ができたわけなので、


「私、頭が悪いから」


などという言い訳はしてほしくありません。

 

 




❷僕が滅茶苦茶忙しい中で英語を

 マスターしたということ

 

先ほど書いたように、
理工学部の忙しさは中途半端じゃありません。

 

 

よく一般の大学生と同じように見られ
「大学生のうちは遊んでられるからいいねぇ」
とか言われたのですが、とんでもありません。

 

 

朝から夕方まで詰まりに詰まった授業、
奨学金返済のために1日3時間のアルバイト。

 

 

試験前は 4時間睡眠が3週間以上続き試験勉強
(事実上約3週間以上生活がなくなります)。

 

 

最後の1年は半年以上、
3日に一度程度の日程で卒業研究が
朝から晩まで続きます。

 

 

そんな中、英語を勉強する時間が
ほとんど取れなかったことは
お分かり頂けると思います。

 

 

「忙しいからできない・・・」あなたがもし、
そういう言い訳をするなら、英語だけでなく、
何もできるようにならないでしょう。

 

 

❸カナダの大学の第二言語習得クラスで

 教えている内容と共通していること

 

実は、
僕の英語力を引き伸ばしてくれた根源となる
第二言語習得論は、

 

CanadaのMemorial大学の教育学部の
英語教授コースで研究された論文が元になっています。

 

 

その授業で教授が
「現在考えられるうちでは、
 第二言語習得にはこれが一番」
と言っていたことをベースに作られているので、

 

私だけに 効果がある方法ではなく、
あなたにも効果がある方法であることが

わかりますよね。

 

 

そうです。 言語を専門的に研究している人が
「これが一番」と言っている、
そんな方法を応用して作られているのです。

 

 

さらに今回は、
第二言語習得論をさらに深掘りし、
誰でも楽しく勉強ができる仕組みにのっとって
講義を進めていきます。

 

 

英語を使いこなしているあなたを

想像して下さい

 

 

あなたにも、英語に関する夢があると思います。

 

例えば・・・。

 

 

●TOEICで900を超えて、仕事で一歩抜きんだあなた

 

●世界を英語を屈指して飛び回っているあなた

 

●「英語はできるので、次は中国語に挑戦」など、

語学の幅がひろがったあなた

 

●ネイティブスピーカーと楽しく会話を楽しんでいるあなた

 

●海外ドラマや洋画を字幕なしで楽しんでいるあなた

 

●外国人の恋人と、英語を話しながら楽しく過ごしているあなた

 

●世界各国に、英語でコミュニケーションする友人、

仲間がいるあなた

 

●友達や気になる異性の前で、

カッコよく英会話を決めて注目を集めているあなた

 

 

このような事は決して夢ではありません。

上記は、細かい点はどうあれ、
ほぼすべて私は実現しています。

 

 

高校の英語の先生に
「お前は英語はあかんから、
 英語以外を頑張れ」
と言われた、落ちこぼれの僕が、です。

 

 

観光案内で外国人に断られた日は、
昨日のように思い出します。

僕は、そんな状態からすべての夢を叶えました。

 

 

あなたにできないわけはないと思うのですが、
どうでしょうか?

 

 

英語をマスターするという夢を叶えて、
新たな境地に立つことに真剣なあなたは、
僕がこのサイトを閉じなければならなくなる前に、
すぐに決断を知らせて下さい。

 

 

あなたがペラペラになった、
という声を聞くのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

⇨IEAに参加する(カード)

 

⇨IEAに参加する(銀行振込)

 

 

 

 

 

 

特定商取引法の表記 / プライバシーポリシー 

Copyright (C)2021 Link2care All Rights Reserved.